【WLパッケ】宝瓶宮セット 効果まとめと所感

190604_wlpack_top.png


 ウォーロックスターターパックの新装備
 宝瓶宮(ほうべいきゅう) セットをまとめていきます。

  



【記事をお読みになる前に】
  • 内容はすべて 筆者の主観による見解となります
  • すべての方に当てはまる内容ではございません
  • 「WL以外の職」や「対人」については考慮いたしません







宝瓶宮 装備の効果


【効果の記載について】
  • 「ウォーロックが装備時」の効果を あらかじめ合算した表記にしております



  • パッケを購入した上で,マスタープログラム初回説明後に入手
  • 精錬可能品はあらかじめ +7 で入手
  • どの装備も「取引不可」で「倉庫移動可能」





宝瓶宮のスタッフ [S1]

190604_wlpack_hand.png

  • Matk +50,BaseLv1ごとにMatk+1ずつ (Lv175時 計225)
  • 魔法攻撃で与えるダメージ +25%
  • [ヘルインフェルノ]で与えるダメージ +50%
  • 攻撃速度 +20%
  • スキルディレイ -10% 
  • 人間形モンスターから受けるダメージ -10%

【精錬値7以上】
  • 全ての種族のMdef 50%無視

【精錬値9以上】
  • 全ての種族のMdef 50%無視 (計100%無視)

―――――――――――――

系列 : 片手
武器レベル : 4
スロット : 1
Matk : 10
破損 : しない
重量 : 30
要求レベル : 1





宝瓶宮のクラウン [S0]

190604_wlpack_head.png

  • Int +10
  • Matk +50
  • 魔法攻撃時,全種族に与えるダメージ +10%
  • スキルディレイ -20%
  • モンスターを倒した時,HP +500,SP +50 (回復)

【精錬値8以上】
  • すべてのステータス +10 (Intは計20)
  • 5秒毎にHP +500,SP +50 (回復)

―――――――――――――

系列 : 兜
位置 : 上段
スロット : 0
Def : 12
Mdef : 15
破損 : しない
重量 : 10
要求レベル : 1






宝瓶宮のメイル [S1]

190604_wlpack_body.png

  • Matk +130
  • 闇属性魔法攻撃で与えるダメージ +20%
  • MaxHP +1000
  • MaxHP +10%,MaxSP +10%
  • スキルディレイ -10%

【精錬値8以上】
  • [アースストレイン]の詠唱時間 -100%

―――――――――――――

系列 : 鎧
属性 : 無
スロット : 1
Def : 100
Mdef : 5
破損 : しない
重量 : 100
要求レベル : 1



宝瓶宮のマント [S0]

190604_wlpack_shoulder.png

  • Matk +50
  • MaxHP +10%,MaxSP +10%
  • 無属性攻撃で受けるダメージ -40%
  • スキルディレイ -5%

【精錬値8以上】
  • 攻撃速度 +20%

―――――――――――――

系列 : 肩にかける物
スロット : 0
Def : 25
Mdef : 5
重量 : 30
要求レベル : 1



宝瓶宮のシューズ [S0]

190604_wlpack_leg.png

  • Matk +130
  • [ヘルインフェルノ]で与えるダメージ +30%
  • MaxHP +20%,MaxSP +20%
  • スキルディレイ -10%

【精錬値8以上】
  • [アースストレイン]の再使用待機 -2.4秒 (Lv1~4のCT0秒,Lv5CT残0.6秒)

―――――――――――――

系列 : 靴
スロット : 0
Def : 25
Mdef : 5
重量 : 40
要求レベル : 1



鎧&肩&靴 セット効果

190604_wlpack_set.png

  • 地・闇属性魔法攻撃で与えるダメージ +40%
  • MaxHP +2000,MaxSP +200
  • 人間形モンスターから受けるダメージ -15%






宝瓶宮のリング [S0]

190604_wlpack_acc.png

  • 魔法攻撃で与えるダメージ +5%
  • [アースストレイン]、[ヘルインフェルノ]で与ダメ +50%
  • [アースストレイン]の再使用待機 -0.3秒 (アクセ2個でLv1のCTが0秒)
  • [ヘルインフェルノ]の詠唱時間 -50%
  • 攻撃速度 +10%
  • MaxSP +100
  • [アースストレイン]の消費SP -30

―――――――――――――

系列 : アクセサリー (2個装備可)
スロット : 0
Def : 0
Mdef : 0
重量 : 10
要求レベル : 1







効果所感

 簡単な所感をまとめます。

 詳細な考察は
 あらためて別記事にて行う予定です。




  • ヘルインフェルノとアースストレインの強化
  • 大きな威力アップと連打力のアップ
  • その他 汎用的な性能アップ
 特化魔法は,
 ヘルインフェルノとアースストレインです。

 単発威力はもちろんのこと,
 連打力を高めるために必要な要素もあります。

 その他は,
 威力,ASPD,ディレイ,HP,Mdef無視など
 ウォーロックにとって欲しい要素が多くあります。




  • 非破壊の装備
 すべて非破壊になっているため,
 不慮の事故で壊される心配もありません。

 現状では,破壊よりも脱衣のほうが多く,
 パーティーではコートが前提になることは多いです。
 
 しかし,
 コートのかけ忘れや,リザレクション後などで
 破壊をされてしまうケースはあるので
 非破壊があるのはやはり嬉しいですね。




  • 飛び抜けた性能のものは一部のみ
 既存の装備を大きく上回るものは一部のみで,
 既存装備のほうが強力なものもあります。




  • 杖・靴・アクセのHI威力アップは 影杖やサラ幻影Cと加算になる
  • ダメージ上昇量が思ったよりも少なくなる可能性あり
 各上昇率が高いので
 強いことには変わりありません。

 ただし,「ヘルインフェルノで与えるダメージ」という
 同じ文言の効果がまとまってしまうと,
 思っているよりもダメージが上がらないことがあります。

 実際の上昇量を 要計算です。 




  • アースストレインは同じ場所への連打が速いとダメージ不発になる
  • 連続ダメージは期待ができない
 宝瓶宮セットには,アースストレインの
 CTや詠唱,ディレイの削減が効果としてあります。

 しかし,アースストレインは
 同じ場所へ速い連打をすると
 ダメージが不発してしまう現象があります。

 CT,ディレイ,詠唱 が短縮されていても,
 同じ敵への連続ダメージには
 期待ができないということになりますね。

 もし同じ場所にストレインを数回撃つなら,
 CTやディレイ,詠唱を
 削り切らず ある程度残したままで問題ありません。

 
50秒以降を参照

 2019年6月現在,あらためて検証を行いましたが,
 連打によるダメージ不発が発生することを確認しています。


 範囲でまとめて魔法連打をしたいなら
 +8以上古びた装備のクリムゾンロック
 ディレイカット装備のソウルエクスパンション
 向いてると思います。




  • 無属性以外の属性耐性がない
 高い数値の属性耐性が必要なダンジョンが
 増えていることを考慮すると,
 無属性耐性だけでは不安が残ります。




  • 暴走や真理がエンチャできる部位と被っている
  • 確率発動が好みじゃないなら 最適か
 「暴走魔力」は 鎧・杖・靴・アクセ,
 「真理」は 兜・靴 にエンチャ可能ですが,
 すべて宝瓶宮セットの部位と重複します。

 暴走や真理は複数装備で発動率を上げられるので,
 入れる数とのバランスが難しくなりそうです。

 確殺数が大事になる狩りや
 確率に左右されない火力が好みであれば
 宝瓶宮セットは使いやすいと思います。




  • 兜・肩・靴・アクセ にはカードスロットが無い
 サラの幻影C,属性耐性Cが挿せなくなります。

 アルカナカードが挿しづらくなる点にも注意が必要です。

 ただし,物によっては
 カードスロットが無いデメリットを
 十分に補えるほどの性能をもった装備もあります。







所感まとめ

190604_wlpack_top2.png

  • お手軽に それなりな強さが得られる
 ウォーロックの装備をあまり持っていない方にとっては
 重宝するセットだと思います。

 便利でバランスも良いですが,
 従来の装備のほうが強いものも多々あります


  • 「一部を取り入れる」使い方がメインになりそう
 飛び抜けた性能を持った装備が一部である点,
 属性耐性が十分でない点,
 暴走と真理の部位と被っている点,
 それぞれを考慮すると
 セットで使える場面は限られそうです。

 装備の好みによっては
 1つも導入しない選択肢もあると思います。


  • 暴走や真理を入れるバランスを考えるのが課題か
 暴走や真理をどの程度入れるかが
 好みが分かれそうなところです。

 








 急いでまとめたので
 間違っている箇所があれば随時訂正していきます。


 詳細な考察は
 あらためて別記事にて行う予定です。






関連記事
 ヘルインフェルノ

0 Comments