深層グローザ ペア攻略 解説②

190330_sinso_top2.png



 冷気のギミック~ラストまでの
 追加解説をいたします。
 








動画

 動画で解説されている部分は
 記載を省かせていただきますので,
 まずは動画をご覧いただければと思います。



 ※ 前回の動画と同じものになります

  • 高画質設定へ変更してください
 右下の歯車アイコンで画質変更が可能です。
 1080HDに変更してください。

  • フルサイズ画面でのご視聴推奨です
 1920×1080のサイズに合わせて作成したため,
 できるだけ大きな画面でのご視聴を推奨いたします。









追加解説 続き



冷気のギミック

 冷気のギミックは
 ガンバン → フロストノヴァ → 範囲ダメージ数秒 の
 順番で進行します。



【広範囲ガンバンテイン】

 現在降っているメテオが消えてしまうので
 スカラバの足止めが少しの間無くなります。

 ディレイカットがしっかりできていれば
 新たに降るメテオで十分間に合います。



【フロストノヴァ】

190330_sinso_fn.png

 受けるダメージは大したことはありませんが,
 確率によっては凍結を食らってしまうので
 凍結耐性が必要です。



【冷気のダメージ】

190330_sinso_cold.png

 数秒に一度のペースで
 大ダメージを食らってしまいます。

 冷気といいつつも,
 水耐性での軽減はされませんでした。

 まだ検証が十分ではありませんが,
 耐性での軽減は難しそうです。


190330_sinso_cold2.png

 冷気のダメージは
 立ち位置で避けることができます

 1セルごとに検証を行ったわけではありませんが,
 マップの端のほうはダメージが発生しないようです。

 できる限り端で戦うように
 WLの立ち位置を調整します。


 出来る限り端を取りつつも,
 暴走や真理の発動促進のためのFWも当てられる
 両方ができる位置が理想です。

 そのためには,
 修羅がグローザを抱える位置も考える必要があるので,
 事前に立ち位置を話し合っておいたほうがいいです。 







四怨将を倒す順番

 取り巻きとして召喚される四怨将は,
 ヒュリエル → デヒョン → ジオイア → カデス の
 順番に倒していきます。

 この順番を選んだことには理由があり,
 ペア攻略において
 この順番はとても重要になります。
 
 (※トリオ攻略とは順番を変えています)




【四怨将ギミックでのポイント】

  • 四怨将にダメージを与えるとディスペルを使用
 複数からディスペルが来ることがないように
 1体ずつ倒すことが必要です。
 

  • グローザは定期的に 呪縛→ディスペル を使用
 金剛詠唱前には
 エルヴィラキャンディを使用

 エルヴィラのクールタイムを考慮すると,
 この解除以外への使用は難しくなりますね。


  • 召喚の際に修羅は呪縛を食らう
 呪縛中に四怨将のディスペルが重なると
 金剛の詠唱ができません。

 グローザの 呪縛→ディスペル に備えるために,
 エルヴィラキャンディはここでは使えません。


  • 定期的にスパイラルピアースを使用
  • 金剛詠唱中のスパイラルピアースは即死
 構成上 ニューマをすることができないので
 これに当たらないように考慮して攻撃をします。





【順番選定】

1. ヒュリエル

190330_sinso_gen1.png

 四怨将を召喚して暫くの間は
 グローザがクリスタルに囲まれています。

 召喚された四怨将は
 グローザよりも早めに動いてくるので
 先に壁役をターゲッティングします。

 
 前述のとおり,その間
 修羅は呪縛を食らった状態なので
 ディスペルを食らうと金剛の詠唱ができません。

 その中でも,ヒュリエルだけは
 グローザのクリスタルが障壁となり
 壁役をターゲッティングしません。

 そのため,壁役へのディスペルもないので
 四怨将召喚時の呪縛が治る前に
 攻撃をしても弊害がありません。

 つまり,ヒュリエルは唯一
 最初の呪縛中に攻撃ができる相手なので
 時間を無駄にせずに済みます


 さらに,最初に倒す利点として
 広範囲のメテオの対策です。

 早めに倒しておけば
 後衛が火耐性をつける必要がなくなります。
 


2. デヒョン

190330_sinso_gen2.png

 ヒュリエルを倒す際に移動した位置に
 次に近いのはデヒョンになります。

 サンダーストームを食らいながら移動するのは
 位置ズレで精神攻撃やブレスを
 食らってしまうリスクもあります。

 その点を考慮して
 移動が少なく済むように
 デヒョンを優先して攻撃をします。


 ちなみに,デヒョンを手側から攻撃すると
 ブレスを食らって危険なので,
 必ず奥へ移動してから攻撃を行います。



3. ジオイア

190330_sinso_gen3.png

 ニューマ役がいないことから,
 ペア攻略においては
 LPを張られることに対しての弊害はありません。

 そのため,
 優先して倒す必要はないと判断しました。

 最後ではなく,3番目に倒した理由は後述。



4. カデス

190330_sinso_gen4.png

 ヘルインフェルノが通りづらい闇属性のため,
 チェーンライトニングで始末をしたい相手です。

 しかし,チェーンライトニングは
 周辺の敵にダメージ対象が移ってしまい,
 カデスに与えるダメージのペースが下がってしまいます。


 他の四怨将が残っている状態では 
 チェーンライトニングで与えるダメージが下がるので
 最後の1体にするほうが良いと判断しました。

 最後の1体にしても,
 グローザ本体やギミックのオブジェクトに
 チェーンライトニングが吸われてしまいます。

 倒す速度を見る限りは許容範囲と思えました。


 さらに,他の四怨将に中途半端にダメージを与えると
 ディスペルを使用するようになります。

 壁役が複数体からディスペルを食らう事態は避けたいので
 カデスをチェーンライトニングで攻撃するためには 
 最後の1体にする必要があります。





【SPPのタイミングを見て攻撃】


190330_sinso_spp.png

 このスパイラルピアースは非常に強力で
 金剛の上でもかなりHPを削られてしまいます。


 前述のとおり,
 四怨将を攻撃した際にやってくる
 ディスペルを食らい,
 金剛詠唱中にスパイラルピアースを食らってしまうと
 即死となってしまいます。

 そして,
 エルヴィラキャンディはCTの関係で温存が必要で,
 精神衝撃の解除やニューマもできません。



  • スパイラルピアースの使用を確認してから四怨将を攻撃
 スパイラルピアースはクールタイムがあり
 使用してからしばらくは使ってきません。

 そのため,攻撃するタイミングを調整することで
 スパイラルピアースの対策をします。



  • 2.デヒョン と 4.ジオイア の攻撃はSPPがくるまで待つ
  • 火力に自信がない場合は 1体ごとに待ってもからでもいい

 1.ヒュリエルは 壁役をターゲッティングしていないので
 位置についたらすぐに倒し始めて大丈夫です。


 2.デヒョン は,念のため
 スパイラルピアースの使用を待ったほうが安全です。

 グローザがクリスタルに囲まれている間に
 スパイラルピアースのクールタイムが過ぎているので,
 倒すのが少し遅れるだけで
 ディスペルと重なる危険があります。

 さらに,タイミングによっては
 クリスタル解除の瞬間に打ってくることも。


 3. ジオイアは,
 タイミング的にパイラルピアースに重なることは
 経験上 ほとんどありません。

 ただし,
 サンダーストームのヒットストップや
 位置ズレで精神衝撃を食らってしまい,
 攻撃の開始が大幅に遅れた際には
 スパイラルピアースを打たれることもあります。


 4. カデスは,
 タイミング的にスパイラルピアースが重なりやすいので
 スパイラルピアースを待ってから攻撃を開始します。

 チェーンライトニングの火力上昇が不安定なのもあり
 待ったほうが安全です。
 


 ちなみに,
 動画を作成後から始めた方法となるので
 動画内で この方法は使っていません

 





加護ギミックをスキップするために 【検証中】

 加護ギミックは,
 火力役が1人の状況だと
 1/3の確率でしか進行できない
 運要素となってしまいます。

 4回挑戦できるという意味では
 運要素にしたとしても
 クリアできる確率はそれなりにあります。

 しかし,その1/3を
 4回中1度も引けないケースもあります

 

 四怨将討伐後,
 加護ギミックを飛ばして
 一気に吸血ギミックまで行くことが
 2018年の挑戦ではできました。

 この方法なら運に左右されないので,
 攻略を確実にすることができます。



 「高火力で一気に押し切る」という方法が
 ギミックをスキップする方法だと思っていました。

 しかし,動画上の装備に加えて
 真理の魔法使いCに
 高級戦闘薬,Int20料理,Int10料理を使用しても
 加護ギミックのスキップはできませんでした。

 使用が変更されてしまったか,
 火力以外の問題があるのか
 なんとも言えないところです。
 


 検証は続ける予定なので,
 わかり次第記事に追記しようと思います。









 深層グローザのペア挑戦というのは
 攻略記事の需要は少ないと考えています。

 しかし,攻略方法そのものは
 攻略に必要なメンバーが足りない状態の挑戦という
 「少人数攻略」であれば
 参考にしていただける部分は多少あるとも考えています。



 昔に比べて深層グローザの攻略の敷居は下がっているので
 挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

 ミス1つで進行が不可となってしまう
 困難な挑戦にはなりますが,
 その先には大きな達成感が待っています。

 ぜひ挑戦を楽しんていただければ幸いです。 


関連記事
 ペア攻略 動画

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • ―  2019/04/04 (Thu) 13:44
CLOTHO

思考の果てに  

Re: (非公開)

> (非公開) 様

 貴重な情報ありがとうございます。

 深層グローザのギミック突入も,
 道中の四怨将と同じような挙動と
 考えて良さそうですね。


 WLの話にはなってしまいますが,
 テレキネLv5を使用して
 秒間ダメージを大きく引き上げた結果,
 加護ギミックのスキップに成功しました。

 ただし,2018年12月のように
 「加護を飛ばして吸血ギミック開始」
 という流れではなく
 「加護と吸血ギミックをどちらもスキップして倒し切る」
 という結果となりました。

 まだ私のほうでの検証も甘く,
 「秒間ダメージを引き上げる」という
 力押しの手段しか方法が思いつかない状態です。

 次シーズンでは
 何かしらの法則や
 成功しやすい流れを見つけたいと考えております。


 ご丁寧で詳細な情報に
 重ねてお礼申し上げます。
 ありがとうございました。

  • ―  2019/04/17 (Wed) 11:31