思考の果てに

Article page

トリオ夢幻 オディールルートの挑戦 ~前編~

Category - 試練の迷宮
■ トリオ オディール登頂
・【前編】(現在の記事)




180304_trioOdile_top1.png

 トリオでのオディールルート挑戦が始まります!







次のステップへ進むときがきた


180301_trioodile_lucifer.png

 トリオ(+2PCジェネ) でのルキフルルート攻略も,
 101F到達時点で20分以上残せるようになってきました。

 これなら勝算もあるのではないでしょうか。 



 もし登頂ができなかった場合,
 ラスボスからドロップするはずの中型武器も出ず,
 登頂後の大量のディーヴァ宝箱も無くなってしまうので,
 報酬がガタ落ちになってしまいます。

 しかし,挑戦をしなければ
 いつまでもクリアはあり得ないのです!

 我々は恐れずに挑戦する道を選びました!







トリオオディールクリアのための作戦


殲滅力の不足をどうするか

 火力役が減り,
 ブラギなどのサポートもない状況では
 殲滅力の不足が予想されます。
 
 その対策を考える必要があります。



  • どの場所でも火力寄りの装備構成を使う
  • 耐性は必要最低限で 立ち回りで回避をする
180304_trioOdile_eq.png

 ルキフルルートでは,事故防止のために
 ところどころで「ダークハンド+ニーヴアクセ」の
 耐久重視の装備にすることもありました。 

 私の場合,地下監獄とGHMDハード,生体獄のエリアでは
 ダクハンを固定にしていました。


 しかし,オディールルートでは殲滅力を重視し,
 どの場所でもエデンやセリーヌなどの
 威力装備で戦っていきます。

 攻撃は出来る限り,
 壁役との距離など立ち回りで避けるようにします。

 そのため,スピード感だけでなく,
 いつもより慎重な立ち回りも必要にはなりますが,
 攻略にはこの両立が必要だと考えています。
 

 距離で避けられない属性魔法に対しては
 肩装備での属性耐性は欠かさないようにします。

 運頼りになってしまうのはあまりにも危険ですからね。




  • 修羅も積極的に火力に参加
180304_trioOdile_suraeq.png

 金剛が無くても大丈夫そうな相手や,
 WLの苦手な相手には
 修羅も火力になってもらいます。

 そのため,あらかじめ修羅にも
 火力装備を持参してもらいました。

 特に悪魔の手と修羅チェンCで強化された「獅子吼」は
 範囲も広く非常に強力なので,
 火力に期待ができますね。




  • さらなる装備の強化
  • 迷っていた装備の完成
 言うまでもありませんが,
 更なる強化のために 日々金策や狩りをし
 出来る限りの装備更新をします。

 挿すのを迷っていたカードも挿し,
 現時点で可能な限りの強化まで持ってきました。





物資の問題をどうするか

 オディールルートでは敵の数が増えるので,
 暴走魔力の発動率も上がります。 

 人数の多いパーティーでは
 ポーションピッチャーでのSP回復が可能でしたが,
 トリオではジェネは2PCになるので
 それも難しくなります。

 そのため,SP回復剤が
 不足してしまう可能性が考えられます。

 回復剤をカートからの補充するもありですが,
 その頻度が増えると時間の無駄にもなってしまいます。 



  • 時魔術師の指輪+暴走魔力 での回復力の向上
180214_spacetime_eq1.png

 時魔術師の指輪のセット効果の Int+40 は
 SP回復力も大きく上げてくれます。

 威力や詠唱のアップだけでなく,
 SP回復剤の節約にも繋がりますね。




  • 付け替えの装備を減らす
 重量節約のために,
 付け替えの装備をできる限り減らしました。

 付け替えの時間短縮にも繋がりますね。







180228_odile_trio.png

 今現在で出来る限りの準備を整え,
 いよいよ挑戦が始まります!









低階層


  • 修羅の獅子吼とフロストミスティで広範囲を攻撃
  • 回る順番や攻撃する場所を分担する

180302_trioodile_pel.png

 広範囲の攻撃スキルで
 一気に敵を倒して進んでいきます。

 「修羅は左,ウォーロックは右」のように,
 各々が倒す場所を分担することで,
 さらに効率的に倒せるようにします。


 後半では修羅が壁に専念せざるを得ないので,
 火力がWLだけになり,殲滅力が落ちます。

 低階層での時間短縮で
 いかに後半のために余裕を作るか
 大事になってきますね。



 

  • GHMD階は修羅の獅子吼で一掃

180302_trioodile_ghmd.png

180302_trioodile_ghmd2.png

 ウォーロックの苦手とするGHMDの闇属性モンスターも
 悪魔の手と修羅チェンCで強化された獅子吼で
 一掃してもらえます。


 ちなみに,狭い部屋にGHMDハードのモンスターが密集する
 ハズレのマップを引いてしまっても,
 獅子吼なら一気に倒し切ることができるので
 壊滅の心配もありません。

 もし,確殺数的に倒すのに時間がかかる場合は,
 ウォーロックがプリズンで壁をするのもありだと思います。
 




  • ウォーロックはマゴットの凍結と討伐
  • ストームガストのノックバック効果も利用する

 ウォーロックは
 SoEやHIの連打でマゴットを倒していきます。

 敵の数が多い場合は,凍結スキルを併用して
 押し潰されないように対処します。



180302_trioodile_ghmd3.png

 ディレイカット装備であれば,
 ストームガストのノックバックによって
 多少の被弾を防ぎながらの攻撃が可能です。

 攻撃範囲外の敵は凍ったままになるので
 さらに余計な被弾もしづらくなりますね。


 


  • メテオ装備は付け替えやSP消費の問題がある

 オディールルートでは,
 メテオは装備やSP回復剤などの
 所持重量の関係で不利になると考え,
 今回は使用しませんでした。









後半


  • 修羅は壁に専念
  • ウォーロックの火力のみで進む

180302_trioodile_prison.png

 61層からはストーンスキンの敵も増え,
 66層を越えると体力や攻撃力も上がってくるので
 修羅は壁に専念します。

 敵ごとに最適な威力装備に付け替えながら
 効率良く倒していきます。





  • 病院階層の生体モンスターが厄介

180302_trioodile_hospital1.png

 オディールルートでは
 ビョウウンゴ病院の階層に
 生体3~4Fのモンスターが出現することがあります。

 狭いマップで密集されるので
 非常に面倒です。



180302_trioOdile_hospital4.png

 準備を怠って入るとこんなことに・・・。

 必ずレクイエム装備を準備しておきましょう。





  • レクイエム武器でのエクスパンション連打で一層
  • 流れてくるランデルはファイアーウォールで足止め

180302_trioodile_hospital2.png

 レクイエム装備のソウルエクスパンションであれば
 どのモンスターにもダメージが通るので
 ディレイカット装備の連打力で押し切りましょう。



180302_trioodile_hospital3.png

 ファイアーウォールで
 流れてくるランデルを止めておくのも有効ですね。









獄階層


  • 獄階層の前に戻って補充するのもあり

 ここからが本番です。

 修羅の回復剤に不足があるようなら,
 一度戻って体勢を整えるのもありですね。

 そのフロアの途中まで討伐をしてから
 回復剤が切れて全滅をしてしまうと
 その討伐した時間が無駄になってしまいます。

 不足を感じたら,
 無理をせずに戻った方が
 結果的に無駄がありません。


 我々は73Fの病院エリアの生体モンスターで
 全滅をしてしまったので,
 そのときに補充をしました。





  • デッドエンド出現までの時間が短い
  • それでも 反射チェックなどの基礎は忠実に

 敵の数も多く,
 デッドエンドが湧く時間も短くなっているので,
 より効率的に進む必要があります。


180302_trioodile_goku4.png

 かといって,少人数においては
 ゴリ押しで進んでしまうのは全滅のリスクを伴い,
 かえって再入場という時間のロスを招くことにも繋がります。

 反射を確認してから攻撃するという基礎的な部分は
 必ず守るようにします。


 今回は時間短縮のために,
 獄エリアでも完全に火力装備で固めています。

 念鎧着用で反射ダメージを軽減しても
 数発で死んでしまう被ダメージになりますし,
 WLは連打スキルがメインになるので
 セーフティーウォールで対策してもすぐに消えてしまいます

 なおさら反射に対するチェックは重要になってくるので, 
 別の部分で効率化を考えていきましょう。





  • 壁役は出来る限り目視で反射を確認し,後衛に指示を出す
  • 火力役が反射チェックをする時間を短縮できる

180302_trioodile_goku3.png

 反射の使用時に画面内にいた場合は,
 モンスターが黄色くなるのを確認できます。

 敵が画面外で反射を使用した場合は,
 反射状態になっていても色が元に戻ってしまうため,
 後衛視点では分からないことのほうが多いです。


 そのため,壁役は色での反射使用の判断をして
 後衛に指示を出すようにします。

 火力役が弱攻撃で反射を確認する時間を短縮できるので,
 より効率的に倒していくことが可能ですね。



 ただし,毒などの視覚に影響する状態異常や,
 敵の数が多くて重なっている可能性,
 一度タゲってから画面外に出てしまった場合など
 確認できない場面も多々あります。

 その場合は,確認ができなかった旨も指示を出し,
 火力役の弱スキルで反射チェックをします。

 前衛の殴りでの反射チェックができればそれでも構いませんが,
 目視で反射が確認できなかった状況を考えると
 ピンポイントにチェックしたいモンスターを殴るのは
 難しいと思います。





  • ソウルエクスパンションでまとめて倒す手もあり

180302_trioodile_goku1.png

 敵の数が多ければ,
 レクイエム&ディレイカット装備での
 SoE連打も有効です。
 

 ただし,敵の数が多いということは
 目視での反射チェックが漏れている可能性もあるので,
 火力側でも必ず反射チェックを入れます。





  • スタン解除はABに一任

180302_trioodile_goku2.png
 
 火力役の装備構成にもよりますが
 ABのスタン解除が速ければ,
 スタン耐性装備も火力系に回すことも可能です。

 そのため,今回はスタン解除を
 すべてABのラウダ系のスキルに委ねています。


 AB側の装備も,
 スタン耐性と詠唱短縮重視にしてもらっています。









101Fへ到達


180302_trioOdile_101f.png

 なんとか101Fの休憩所&カード店へ到着!

 到達できただけでも十分な達成感。

 しかし,
 ここまできたら狙うはクリアのみ!

 

 次回,【後編 : オディール戦】 へ続きます。




関連記事


御覧いただきありがとうございます。記事が参考になったと感じられた方は,クリックしていただけると幸いです。

御覧いただきありがとうございます。
記事が参考になったと感じられた方は,
クリック していただけると幸いです。

Category - 試練の迷宮

トリオ攻略

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/05 (Mon) 17:52 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: (非公開)

> (非公開) 様

 みんなで頑張った結果だし,
 しっかりまとめないとね!

 これからもまだまだよろしく!

2018/03/08 (Thu) 03:49 | REPLY |   

Post a comment

いつもたくさんの暖かいコメントを ありがとうございます。

コメントをいただく際は お手数ではございますが
私が判別出来るように お名前様をご入力いただけると幸いです