思考の果てに

Article page

少人数夢幻 オディールルートへの挑戦 ~後編~

Category - 試練の迷宮
■ 少人数 オディール登頂
・【後編】(現在の記事)




180225_odile_top2.png





 2017年では,
 最終層まで到達し オディール戦への挑戦はできたものの,
 結果は惨敗となりました。

 悔しい思いは2018年へ持ち越し。

 そして,再挑戦が始まります!







2018年 1月 再挑戦


 1月下旬ごろ,
 「オディールを抱える装備が完成した」
 との連絡をいただきました。


 前回の惨敗から大分期間が空いていましたが,
 その間にも水面下で挑戦への準備を進めてくれていたのです。


 その話を聞いてモチベーションは最高潮!

 今度こそ オディールを突破してやる!!!

 





道中で変えたこと


  • なんでも自分でやり過ぎず 分担する

 私が普段メインとしていたパーティー形態は
 2~3人の構成になります。

 その限られた構成の中では,
 ウォーロックの仕事は非常に多くなります。

 壁が抱えている敵を倒す,範囲外に残った敵を倒す,
 後衛側に流れてきた敵を処理する,
 凍結などでの邪魔なモンスターの封印,
 セーフティーウォールやドレインライフなどの自衛など,
 様々なことをやる必要があります。



 しかし,5人のパーティーでは
 そのすべてを1人でやる必要は無くなってきます。

 逆に,他のメンバーに任せることで,
 より効率的に進むことが必要とされます。


 GHMD層のWLが苦手とする闇属性モンスターは
 ジェネや民が一掃してくれるので,
 WLは属性相性の良いマゴットを倒す役割ができます。

 ボス戦での取り巻きはキノコ爆弾で蹴散らしてもらえるので
 ボス本体の攻撃に専念が可能です。

 後衛側に流れた敵は
 民のメタリックサウンドで着実に処理をしてもらえます。


 前回は,2~3人パーティーの動きのクセで,
 すべてを自分でやろうとしてしまってましたが,
 今回は分担することを心掛けました。



 2~3人では一人あたりの仕事多さが
 楽しさにもつながるのですが,
 メンバーが増えたパーティーでは
 自分がやるべきことの取捨選択や,
 チームワークを考えるのが楽しさになりますね。







オディール戦リベンジなるか!?


 オディールを抱えるための新しい装備では,
 クリスタル破壊によって強化される「アイスブレス」を
 そのまま耐えることが可能です。

 クリスタルの破壊を防ぐランドプロテクターを必要としないため,
 前回ソーサラーにチェンジしていた凪さんも
 そのままジェネで火力に回れます。

 これならチェーンライトニングなどの範囲攻撃も 
 選べるようになりますね。
 (私は装備や好みで ヘルインフェルノを選びました)
 




180225_odile_6.png

 それぞれの立ち位置を確認して
 オディール戦スタートです!





 修羅は耐性装備中心で固めているので,
 金剛の詠唱時間はブラギで補う作戦です。

180228_odile_1-1.png

 しかし,魔法のノックバックで近づけない

 修羅をブラギの範囲に入れようとすると
 民の立ち位置が前になり,
 ノックバックスキルの影響を受けることを
 すっかり失念していました。

 さらに,射程の関係で
 ブラギに入る後衛は水魔法のダメージを食らってしまいます。





180228_odile_1-2.png

 1回目は残念ながら敗北

 でも,大丈夫!
 分担による効率化のおかげで,
 時間にはまだ余裕があります!



 



2戦目,今度こそ万全の状態で


180228_odile_2-1.png

 民にノックバック耐性の装備を持ってもらい,
 後衛の耐性装備も見直して 再挑戦です!





180228_odile_2-3.png

 今度は予定通りの立ち位置に!

 

 サイトラッシャーのダメージも
 耐性なしの場合はかなり痛かったので,
 火力装備メインで固めているジェネは
 当たらない立ち位置へ調整をしました。



 ウォーロックはブラギには乗らずに,
 魔法攻撃を食らわない射程を優先しました。

 これで耐性装備が不要となり,
 火力に専念ができます。

 私が今回使ったのはヘルインフェルノなので,
 スキルディレイがなく,暴走魔力で無詠唱になるため,
 ブラギがなくても戦えると判断しました。

 暴走魔力を2箇所装備であれば,
 ヘルインフェルノの2発分のHitのおかげで
 ほぼ常時の発動も期待できます。

 この射程であれば,
 ハウリングオブマンドラゴラによる精神衝撃を
 食らわずに済むのもメリットです。





180228_odile_2-2.png

 修羅もアイスブレスに耐えています!

 重なった文字の中に見える7000台の数字が
 アイスブレスのダメージです。







 そして....



180228_odile_2-4.png

 オディールクリア!!

 無事,昨年のリベンジを果たし,
 5人でのオディール登頂に成功です!





180228_odile_2-5.png

 泡を吹いて倒れるペンギンくん,
 ちょっとかわいいですね。





180228_odile_clear.png

 溢れる達成感!



 活動していないときにも
 LPや献身なしでの装備を考えてくれたり,
 立ち位置を考えてくれたりと,
 水面下で進めてくれていたメンバー皆のおかげです。

 そんなパーティーだから,
 私も「もっと頑張ろう」と思えるんですよね。

 オディール登頂をさせてくれて 本当にありがとう!







後日談


180228_odile_clear2.png

 同パーティーで2回目の登頂にも成功!

 オディール戦でのそれぞれの立ち位置を
 確立しました。





180228_odile_clear3.png

 1ヶ月遅れで,別のパーティーでも
 5人でのオディール登頂に成功!

 こちらでもみんな頑張りました!







そして....


 5人での登頂には無事に成功しましたが,
 もちろんこれでは終わりません!!



180228_odile_trio.png

 オディールルート トリオ(+2PC) の
 挑戦が始まります!

 乞うご期待!!


・記事更新



関連記事


御覧いただきありがとうございます。記事が参考になったと感じられた方は,クリックしていただけると幸いです。

御覧いただきありがとうございます。
記事が参考になったと感じられた方は,
クリック していただけると幸いです。

Category - 試練の迷宮

0 Comments

Post a comment

いつもたくさんの暖かいコメントを ありがとうございます。

コメントをいただく際は お手数ではございますが
私が判別出来るように お名前様をご入力いただけると幸いです