思考の果てに

Article page

少人数夢幻 オディールルートへの挑戦 ~前編~

Category - 試練の迷宮
■ 少人数 オディール登頂
・【前編】(現在の記事)




180225_odile_top1-2.png


 2018年の攻略や挑戦としての目標で
 私が密かに考えていたのは
 「オディールルート」の攻略です。



 既に多くの方がクリアされているかと思いますが,
 私はオディールルートは ほぼ未経験。

 昨年は3~5人でのルキフルルートを
 中心に頑張っていたので,
 ほとんど着手できていませんでした。

 装備更新や慣れのおかげで
 どの少人数パーティーでも安定するようになってきたので,
 今年こそはと考えていました。



 ブログのコンセプト,
 そして私のプレイスタイルの通り,
 目指すは「少人数でのクリア」です。







オディールルートとは


 既に多くの方がクリアをされていたり,
 情報を耳にされているとは思いますが,
 簡単に解説をさせていただきます。



180225_odile_lucifer2.png

 オディールルートは,試練の迷宮においての
 「ハードモード」にあたります。

 夢幻の迷宮では,
 ガイドとしてルキフルを雇用するかの選択が可能ですが,
 あえて雇用しない(解雇する) ことで
 行けるようになるルートです。



180225_odile_intro.png

 ラスボスが「神罰のオディール」になるので,
 オディールルートという呼び方をしています。

 そのボスがペンギンの格好をしていることから,
 「ペンギンルート」と呼ばれることも多いようです。





ルキフルルートとの違い


【道中のモンスターの変化】

  • フロア内のモンスターの数が増える

  • モンスターのラインナップの変化
 出現の組み合わせパターンが増え,
 より厄介なモンスターに当たってしまうことも。
 逆に楽な組み合わせになることもあります。

  • デッドエンドの出る制限時間が短くなる
 50F以降に経過時間で発生する,
 「デッドエンド」出現までの時間が短くなります。
 さらにスピーディーな進軍が要求されますね。

  • ラスボスの変化
 前述のとおりです。
 攻略方法や必要装備の一部が変わります。



【休憩所や倉庫の縛り】

  • 道中の3回の休憩所が無くなる
180225_odile_lucifer.png

 道中でのアイテムの補充や装備の入れ替えが
 できなくなります。

 一度ダンジョンを出ての補充や入れ替えは可能ですが,
 補充中には当然時間の進行があったり,
 再入場のための待機1分も発生します。

 荷役はアイテムの整理の時間も
 取りづらくなってきますね。

 ちなみに,101Fの休憩所は固定で存在しますが,
 カード販売と時間停止のみで,倉庫はありません。


  • 攻略すべきフロアが3つ増える
 休憩所は道中のフロアの1つを潰して出現します。
 3つの休憩所がなくなることは,
 攻略すべきフロアが3つ増えるのと同じですね。


  • 再入場時の集合場所にルキフルがいない
 再入場の集合場所になる木の幹マップにもルキフルがおらず,
 その場での回復や修理,倉庫できなくなるので
 すべて外で済ませる必要があります。





オディールルートのメリット


  • 中型ディーヴァ装備のラインナップの変化
180225_odile_diva.png

 中型特化のディーヴァ装備は,
 ラスボスのドロップ限定となります。

 オディールは,ルキフルでは落とさない
 貴重なラインナップが入手できるので
 これを目的に通っている方が多いと思います。

【オディールのドロップ】
 片手杖,鈍器,鞭,片手槍,片手剣,肩,靴,鎧


  • 休憩がない分 テンポ良く進む
 夢幻の迷宮は,1時間半という決まった時間での攻略ですが,
 休憩所での補充や整理,リアルの休息を入れると
 実質はもっと時間がかかってしまいます。

 オディールルートでは,
 休憩がラスボス前の1ヶ所に限定されるため,
 全体の所要時間は 逆に短く済む可能性もあります。


  • レアが出る可能性が少しだけ増える
 モンスターの数が多ければ,
 その分レアをドロップする確率も増えます。

 さらに,休憩所によって
 美味しいフロアが潰されることもありません。


 ちなみに,ルキフルルートで
 93~98Fのいずれかで休憩エリアが出てしまった場合,
 その分で代わりに消えるフロアは
 なぜか99Fの「深淵の回廊 四怨将+獄」になります。

 そこまで休憩が引っ張られることは滅多にありませんが,
 C帖などのドロップが美味しいフロアなので
 非常に勿体ないですね。









5人での挑戦


180225_odile_1.png

 ということで,5人での挑戦を開始。

 全員フード着用という
 どう見ても怪しい魔術集団ですwww



 【パーティー構成】
 夜(修羅) / 凪(ジェネ) / エイル(AB) / 逆毛(民) / クロト(WL) ※敬称略


 修羅は,スピーディーで耐久力もあり,
 ピンチな状況でも必ず耐えてくれる信頼の壁です。

 ABは,欲しい支援を常に切らさずにかけてくれ,
 基礎なのについ疎かにしがちな回復を怠ることもありません。

 ジェネは,荷役だけでなく,
 キノコ爆弾で広い範囲の敵を一掃し,
 ADSによる単体火力も兼ね備えています。

 民は,私が普段ブラギ無しが中心のため,
 つい忘れてしまうブラギに乗る立ち位置に合わせてくれ,
 メタリックサウンドによる単体火力としても強力。


 攻守のバランスに優れた非常に良いパーティーです。





180225_odile_2.png

 道中は当然楽勝というわけではありませんでしたが,
 考えていたよりも問題なく進めた感じがしました。

 ブラギ時の使う魔法の選択にアドバイスをもらいつつ,
 テンポ良く進んでいきます。





180225_odile_3.png

 101Fの休憩所まで到達。



 心配だったSP回復剤も,
 ジェネからもらえる青ポーションピッチャーのおかげで
 消耗を抑えることができました。



 WLの装備については,
 ルキフルルートと全く同じで問題ないようです。

 ちなみに私の場合,ルキフルルートでも
 必要な装備は最初からすべて手持ちしていました。

 「休憩階がランダムであること」
 「引き出し忘れ」を考慮すると,
 倉庫での装備入れ替えにはリスクが伴います。

 高Strのステータス型という点も
 これに活かせていたと思います。





初のオディール戦


180225_odile_4.png

 そして,初めてのオディール戦へ!



 ルキフルでは
 クリスタルを壊さないと攻撃が強化されてしまうのに対して, 
 オディールでは逆に
 クリスタルを壊すと攻撃が強化されてしまいます。

 そのため,火力役がクリスタルを壊さないように
 単体攻撃でやる必要があることは
 事前に調べてありました。



 ボスは自分の攻撃を強化するために,
 サンクチュアリでクリスタルを壊そうとしてくるので,
 それを防ぐためにランドプロテクターも必要です。

 そのために,今回はジェネ役の凪さんが
 オディール戦だけソーサラーへチェンジしました。





180225_odile_5.png

 結果は惨敗



 前情報はある程度出回っていると言えど,
 環境は大きく違います。

 そして,メンバーみんなが今回が初挑戦。

 何事もやってみなければ分からないことばかりなので,
 仕方ないなと思いつつも....

 悔しい!



 オディール戦挑戦のための時間に
 十分な余裕を作れなかったことも,
 メイン火力である私の力不足です。










 と,ここまでは 2017年末の出来事
 
 この悔しい思いは,2018年へ持ち越しです。



 次回,【後編 : 2018年の再挑戦】 へ続きます。



関連記事


御覧いただきありがとうございます。記事が参考になったと感じられた方は,クリックしていただけると幸いです。

御覧いただきありがとうございます。
記事が参考になったと感じられた方は,
クリック していただけると幸いです。

Category - 試練の迷宮

0 Comments

Post a comment

いつもたくさんの暖かいコメントを ありがとうございます。

コメントをいただく際は お手数ではございますが
私が判別出来るように お名前様をご入力いただけると幸いです