思考の果てに

Article page

【究極精錬2018】WLの精錬すべき装備 ~武器・盾~

■ 究極精錬2018 WLの精錬すべき装備
・【武器・盾】(現在の記事)




180220_ultimate_top.png







【記事の内容について】
 
  • すべてウォーロック視点のみとなります
 パーティーメインのウォーロックに焦点を当てます
 ソロ用の記述は省略することがあります。
 
  • すべての方に当てはまる内容ではございません
 私のプレイスタイルに基づいた主観で,
 装備も自身の主観で選択しております。
 
  • 対人視点の記載はいたしません
 筆者は対人の経験がほとんどなく,
 内容が中途半端になってしまう恐れがあるため
 対人視点の考察は一切いたしません。







武器を強化する利点


  • 武器は防具に比べて,新実装の影響を受けにくい
  • 長く使っていける可能性が高い
 毎月のように新装備が実装される最近のROでは
 「現状の上位互換がすぐに出てしまう」という
 装備更新においての弊害があります。


 しかし,防具は毎月のラグ缶で新実装が出るのに比べて,
 武器はイベントや新エピソードの実装でしか
 新しいものが出ていません

 ラグ缶新装備のセット効果で
 旧武器が生まれ変わるようなことはありますが,
 それでも防具に比べては
 武器が新実装の影響を受ける確率は低いです。


 2015年3月に実装し,そろそろ3年を迎えようとしている
 影杖こと「シャドウスタッフ」が良い証拠でしょうか。

 悪魔崇拝セットの古代樹のヘルインフェルノ,
 サバセットチェーン,ディーヴァ武器など
 様々な選択肢は増えてきたので一強ではありませんが,
 それでも影杖ヘルインフェルノは今でも最強の一角にいます。


 究極精錬で武器を選ぶのは
 長く使える可能性が高いという利点があります。



 ただし,武器そのものの実装が少ない分,
 ラグ缶を回す人は「改良オリデオコン」が余ることも。

 人によってはそれで十分という方もいらっしゃるかもしれません。







+9~10 シャドウスタッフ

180220_ultimate_shadowstaff.png

効果


【+8 (精錬前)】
  • 武器Matk 130
  • ヘルインフェルノ使用時 一定確率で5秒間,ヘルインフェルノの詠唱 -30%

 [ ヘルインフェルノLv5習得時 ]
  • ヘルインフェルノの与ダメ +180%
  • 敵のMdef無視 40%


【+9】
  • 精錬によるMatk上昇
  • ヘルインフェルノの詠唱-30%の発動率アップ (上昇率不明)

 [ ヘルインフェルノLv5習得時 ]
  • ヘルインフェルノの与ダメ +10% 追加 (計190%)
  • 敵のMdef無視 5% 追加 (計45%)



【+10】
  • 精錬によるMatk上昇
  • ヘルインフェルノの詠唱-30%の発動率アップ (上昇率不明)

 [ ヘルインフェルノLv5習得時 ]
  • ヘルインフェルノの与ダメ +10% 追加 (計200%)
  • 敵のMdef無視 5% 追加 (計50%)



所感


  • ヘルインフェルノを最強クラスの魔法にしてくれる装備
  • 精錬値1ごとにMdef削減も可能
 ASPDや詠唱を上げて連打力をつければ,
 単体の敵に対してかなりの火力を出すことができます。

 武器単体でMdef削減ができるので,
 他部位を自由にしやすくなります。

 ヘルインフェルノが単体火力のため,
 ボス相手に連打をする場面が多くなると思いますが,
 ボスはMdefが高いことが多いので
 そのあたりの相性も良いですね。


  • 精錬値1ごとに体感できる威力上昇
  • 高MdefになるとMdef5%でも大きなダメージ差になる
 ヘルインフェルノの威力+10%は,
 単純計算でいってしまえば 特化C1枚分(※1)です。

 種族関係なしに威力アップができるため,
 カードを挿すよりも精錬値を上げる方が
 広い場面に対して強くなります。

 精錬値1ごとに5%のMdef削減も,
 高Mdefモンスターが増えている現状では
 かなり大きなダメージ差になってきます。



(※1)
 同じ計算式ではないので
 実際はカードの方が強くなることもあります。







+9~10 ディーヴァワンド (片手杖)

180220_ultimate_diva.png

効果


【+8 (精錬前)】
  • 武器Matk 180
  • 魔法で与えるダメージ +4%

  • 威力アップオプション ~60% 
 種族[不死/虫],属性[地/不死/闇],
 サイズ[小/中/大],ボス/一般(~30%)

  • その他オプション 1種 ※一部抜粋
 各ステ1種 ~15,Matk ~100,ASPD ~3,攻撃速度 ~10%,
 詠唱~15%,ディレイ ~15%,MaxHP ~15%,MaxSP ~15%
 一般Mdef無視 ~50%,ボスMdef無視 ~50%,他

 ※ ヒール系の効果と迷宮バフォCとのセット効果は割愛



【+9】
  • 精錬によるMatk上昇
  • 魔法で与えるダメージ +4% 追加 (計8%)



【+10】
  • 精錬によるMatk上昇



所感


  • 様々な魔法の威力を最大強化できる武器
 主にはエクスパンションやメテオの連打,クリムなど
 様々な魔法の威力アップが可能です。
 
 影杖HIやサバセットChL&ESt,ポロロッカWBなど
 専用装備で大幅強化されるスキルは
 そちらのほうが強くなります。

 フロストミスティとジャックフロストは
 ポロロッカ&ラクリマ(※2)より
 ディーヴァワンドの特化を合わせた方が強いです。



  • サイズに対しての大きな特化をとれる
  • 活かすならエデンや魔グロでのMdef削減があったほうがいい
 魔法の特化武器では今までになかった,
 サイズに対しての特化が取れるようになります。

 種族特化よりも該当するモンスターが多くなり,
 より汎用性を上げることができます。

 特化武器は異なる種類と混ぜると威力が上がりやすいので,
 種族特化とサイズ特化を掛け合わせて
 ダメージを大きく上げることも可能です。


 ただし,武器&盾カードや
 ディーヴァ杖のオプションでのMdef削減にしてしまうと,
 種族やボス/一般など
 ダメージを出しやすくなる相手が限定されてしまいます。

 種族の限られたダンジョンで使うなら
 それでも問題ありませんが,

 夢幻やETなど様々な敵が混ざる場所で
 汎用性を活かすのであれば
 Mdef削減は相手の限定されないもので
 取っていった方が良いですね。



  • +7と+9で精錬ボーナスとは別のMatk上昇がある
 精錬値+7と+9でそれぞれ4%ずつのMatk上昇があるので,
 他武器よりも精錬時に上がる威力が大きくなります。

 よく行く狩場で主力としているディーヴァは
 精錬しても良さそうですね。



  • 星のカードを挿すなら+10を目指すのもあり
 ディーヴァ杖はSoE連打にも有効な杖なので,
 大型や中型などの汎用性の高いディーヴァに
 星のカードを組みわせるのも良さそうです。

【星のカード】
  • ソウルエクスパンションの与ダメ +5%
  • 精錬+1ごとに ソウルエクスパンションの与ダメ +1%ずつ追加
  • 精錬値10で ソウルエクスパンションの与ダメ +5%追加
  • 武器防具問わず全てのスロットに挿せる

 星のカードは,
 精錬値1ごとのSoEの威力上昇に加えて
 +10で5%のボーナスもあります。

 星のカードの効果をフルに活かすのであれば
 +10を目指してみるのもありだと思います。



(※2)
 ラクリマスティックは相手の種族やサイズを問わず
 威力を上げられる汎用性が利点になります。







+9 ニーヴウィザードスタッフ

180220_ultimate_niv.png

効果


【+8 (精錬前)】
  • 武器Matk 180
  • 魔法威力アップオプション ~60% (ランダム)
  • ニーヴエンチャント ※死ニーヴ (DefやMatk上昇など) は不可

 [ BaseLv175 ]
  • 物理/魔法で与えるダメージ +5%

 [ ニーヴバレッタ とのセット ]
  • Atk/Matk +160
  • 純Int 10ごとに Matk +20ずつ
  • 純Dex 10ごとに 詠唱 -1% ずつ
  • 純Agi 10ごとに 攻撃速度 +1% ずつ
  • 純Vit 10ごとに MaxHP +1% ずつ




【+9】
  • 精錬値によるMatk上昇
  • 一部ニーヴエンチャの効果上昇

 [ ニーヴバレッタ とのセット ]
  • Atk/Matk +20追加 (計180+純Int10ごとの上昇効果)



所感


  • 最高で60%の威力アップオプション
  • ディーヴァにはつかない特化種別がつく可能性も
 ディーヴァ武器のように,
 ドロップ時にランダムで威力アップのオプションがつき,
 最大で計60%の魔法威力アップになります。

 ディーヴァ武器は,ドロップするボスによって
 どんな特化がつくかが決まっているため,
 杖を落とさないボスの特化武器の存在がありません。

 ニーヴ武器なら,ディーヴァにはつかない種類の
 特化がつく可能性があります。
 (具体的にどんな種類がつくかの詳細は調べていません)


  • 様々なニーヴエンチャントが可能
  • 盾が持てない代わりに 耐性のエンチャが可能
 ニーヴ武器は両手武器しか存在しないので盾が持てません。

 その代わり,金剛石の盾と同じように
 種族耐性や属性耐性,HP上昇などの効果を
 つけることが可能です。

 ディレイカットor詠唱アップ(片方) をつけることもできます。


  • 種族耐性のみなので,局所的な使い方になるか
 大長老アイリンやホドレムリン,アリスのように
 汎用的に使える耐性をつけることはできないので
 行く狩場に合わせた構成にすることになります。

 汎用的に使うよりも,よく行く狩場に合わせて
 局所的に使う方が向いていると思います。


  • 武器&盾CでのMdef削減不可
  • 他部位でMdef削減をする必要がある
 盾が装備できないことから,
 ビッグベン&ネオパンクのように
 武器と盾を組み合わせてMdef削減のセットが使えません。

 他部位でMdef無視を取る必要があります。


  • ニーヴバレッタの登場で実用性が増した
  • 精錬値によるMatk上昇
 今までは,サイズ特化のディーヴァ片手杖に
 狩場に合わせた盾をつけ替えるだけで十分で,
 ニーヴ武器の出番は少なめでした。

 しかし,ニーヴバレッタの登場で,
 ニーヴ武器を使う利点が大きく上がりました。

 Matkやその他全般が一気に強化され。
 ニーヴバレッタには,魔力やASPDのエンチャ,
 さらにスロットまでつけられます。

 汎用性という面では他武器のほうが優位ですが,
 目的や狩場がマッチする場所では最強装備にもなり得ます。


 使う場所の明確な目的があるなら,
 Matk強化のために高精錬を目指すのも良いと思います。







その他武器 : 除外したもの


  • +10 S1 サバイバルロッド
 サバイバルセットを使うのに必須の装備です。


 +10 S1 サバイバル杖 と サバイバルシューズの
 2つだけでも十分な性能なので,
 他の装備と付け替えながらのやり方でも使えます。

 サバイバルセットの考察はは過去記事をご覧ください。
※ 検証として不足している部分があったり,
  私の主観が強い内容なので,十分にご注意ください。
 

 単価がそこまで高くなく,Lv3武器なので,
 究極チケットを使うのは勿体ないように思えたので,
 除外と判断しました。

 待てるのであれば,精錬祭で+6~7あたりを量産して
 +10に挑むのも良さそうですね。

 ただし,自鯖の取引がほとんどなく,
 どうしてもこの時期に入手がしたい場合は
 究極チケットを使うのもありかもしれません。



  • +10 ラクリマスティック
 ポロロッカセットを使うための必須武器。


 フロストミスティ→ジャックフロストで
 雑魚を一掃する汎用杖として
 まだまだ役に立つところは多いです。

 高ASPDのウォーターボール重ね撃ちは
 水が効きやすい火属性モンスターや
 ヘルインフェルノの効きづらい闇や毒相手に
 非常に強力です。


 ブラギやLP,敵の魔法など
 多くの要因で妨害されてしまうデリュージのせいで,
 最近ではサバセットにお株を奪われがちです。

 ただし,WBはChLのように取り巻きに連鎖しないので
 ダメージペースにばらつきが少なく,
 発射数のおかげで暴走魔力の発動率が高かったりと
 WBならではの利点もあります。
 
 獄エリアで,ChLではたまに起きてしまう,
 敵を攻撃中に 反射状態のまま加わった他の敵に連鎖して
 反射が発生してしまう事故もありません。


 今回除外した理由としてはサバ杖と同様で,
 単価がそこまで高くなく,Lv3武器なので,
 究極チケットを使うのは勿体ないという理由です。 



  • +10 ラフィネスタッフ
 スカラバハイヒールとのセットで
 ボス相手の大きな威力上昇と
 Mdef削減との効果が追加されました。

 ただし,
 威力装備は異なる種類を混ぜた方が強くなるため, 
 セリーヌセットやエデンの<真理の解放>使用者は
 種族やサイズ特化のディーヴァと合わせた方が
 威力が上がりやすくなります。
 
 除外の理由としては,他と同様で
 単価がそこまで高くないという理由です。 



  • +9 ディーヴァスタッフ (両手杖)
 ワンドより基礎Matkは高くなりますが,
 盾が持てない弊害は大きいです。

 耐久面だけでなく,
 強力な効果の盾が増えているので
 その効果が使えなくなるのは勿体ないです。
 
 そして,Matk面も
 片手杖ならエクセリオンシールドで補強でき,
 ニーヴ両手杖であればバレッタで補強できます。

 ディーヴァ「両手杖」にしか存在しない種族特化も,
 植物や竜などマイナーな種族のみです。


 究極チケットを使ってまで育てるのであれば
 ディーヴァ両手杖に よほどの目的がない限りは
 片手杖やニーヴ杖のほうが良さそうですね。 



  • +8~9 ディーヴァダガー
 魔法オプションがついているものであれば,
 ウォーロックの特化武器として
 杖の代わりに使っても強力な性能となります。

 ダガーでの魔法威力の上昇は
 私の環境で杖-10%程度の威力でした。

 ディーヴァ「杖」には存在しない,
 無形や無属性への特化を得ることが可能です。
 

 通常の武器と同様の
 精錬値によるMatk上昇があるので,
 高精錬をすることは無駄ではありません。

 ただし,ワンドやスタッフのように
 精錬値7と9での特別なMatk上昇はないので
 究極チケットを使うほどではないように思えます。









盾 : ほぼ除外

180220_ultimate_shield.png

 明確な目的があることを除いては
 盾系にチケットを使う効果は薄いと考えます。



  • +8~9 ヴァルキリーシールド
 スペシャルエンチャントの追加で,
 精錬+8でステータス1種+3やMatk+1%,
 精錬+9で魔力1や速度1をつけられるようになりました。

 属性耐性も優秀なので非常に便利ではありますが,
 究極チケットを使うほどの効果には思えません。

 ASPDについては生ける炎など属性盾を
 +7にしたほうが上昇率が大きいです。
 

 強いて言えば,大神官の手袋を使う場合に
 +9V盾で<魔力1>を取っておくやり方でしょうか。

 頭が+8以上エデンの場合,
 <魔力2> をつけたら もう片方のエンチャが空くので
 <詠唱妨害不可>や<固定詠唱-50%>など他に回せます。

 頭が+9のダクハンやライオットの場合,
 <魔力2>のエンチャが可能なので
 他部位を自由にすることができます。



  • +8~9 金剛石の盾
 安息ニーヴ(HP/SP関連)の効果は精錬+8,
 その他ニーヴはは精錬+9で最大値の効果上昇となります。

 ただし,その上昇量は
 そこまで大きいものではないため,
 究極チケットは他に回す方が
 結果的に得られる効果が大きくなりそうです。


 王家貢献の証は入手手段も多く,
 市場から尽きることはそんなにないので
 精錬品を用意するのは難しくありません。

 ただし,エンチャに必要な300~750個を
 王家貢献の証を30,000zと仮定して換算すると,
 盾1つあたり 9M~22.5M もの価格になります。
 
 よく行く狩場用に作った金剛石の盾が
 +9になることで装備のバランスが整うというような
 強い目的があるなら チケットを使うのもありかもしれません。



  • +8 アネモスシールド
 風耐性,風モンスターへの特化,Matkに詠唱など
 バランスに優れた優秀な盾です。

 ただし,重量が350と非常に重たいので
 ETや夢幻のような荷物の多いダンジョンに
 持ち込むのは不利です。

 ロックリッジ鉱山の1確装備として
 欲しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 
 それを使った目的はレベル上げになると思います。

 しかし,もしそれを
 「強くなりたい」という視点で考えるのであれば
 チケットを他の装備に使って強くしたり,
 他の高級装備を作って 売ってからの装備購入で強くしたりと,
 別の有効な方法もたくさんあります。

 その考え方であれば,
 チケットをアネモスシールドに使うのは
 勿体ないように思えますね。


 ただし,
 ソロでの育成に楽しみを感じており
 そのための装備を揃えたいという目的や,
 アネモスシールドを汎用として使いたいのであれば
 チケットを使うのも有効だと思います。



  • +9~10 堕天使の盾
 確率発動によるディレイカットが可能な盾です。

 発動時のディレイカット率が高いので
 この盾1つで 他装備に自由を作りやすくなります。

 発動率も高いので,
 ETや夢幻のようにモンスターが多いダンジョンであれば
 ほぼ常時発動させることが可能です。


 私も長い間メイン盾として愛用しており,
 トリオ夢幻登頂はこの盾がなかったら
 クリアできなかったとも考えているくらいです。


 しかし,魔法命中時の発動のため
 ディレイカットを得られるのは
 「魔法攻撃職」に限られているため,
 需要はあまり高くないようです。

 そのため単価も安いので,
 高精錬になっても究極チケットを使うほどではなさそうです。










 残りは 肩と靴となります。

 この時期にラグ缶アイテムの更新があることをすっかり忘れており,
 カツカツになってしまいました。

 究極チケット配布まで間に合わなかったのは申し訳ないですが,
 出来るだけ早くできるように頑張ります


・次記事更新



 前記事への応援コメントありがとうございます。
 ご返信は後日させていただきます。

 【18.02.21 追記】 ご返信させていただきました。



関連記事


御覧いただきありがとうございます。記事が参考になったと感じられた方は,クリックしていただけると幸いです。

御覧いただきありがとうございます。
記事が参考になったと感じられた方は,
クリック していただけると幸いです。

Category - ウォーロック 装備考察

シャドウスタッフ

0 Comments

Post a comment

いつもたくさんの暖かいコメントを ありがとうございます。

コメントをいただく際は お手数ではございますが
私が判別出来るように お名前様をご入力いただけると幸いです