思考の果てに

Article page

【17.11.20 追記】【WL視点】天邪鬼の鬼面 考察① (ラグ缶15thアニバ)

171117_perverse_top1-2.png


 「天邪鬼の鬼面」は
 使いどころの難しい奇妙な装備という印象でしたが,
 よく見てみたらウォーロックでも前向きに使えそうです。



【記事の内容について】
 
・すべてウォーロック視点のみとなります
 
・すべての方に当てはまる内容ではございません
 私のプレイスタイルに基づいた主観であり,
 装備も私の好みで選択しております。
 
・対人視点の考察はいたしません
 私は対人の経験がほとんどなく
 内容が中途半端になってしまう恐れがあるため,
 対人視点の考察は一切いたしません。







天邪鬼の鬼面 [1] 効果

171117_perverse_1-2.png

・純Str18毎に Int +3 / 全種族Mdef15%無視
・純Agi18毎に Luk +3 / 完全回避 +1
・純Vit18毎に Dex +3 / 詠唱時間 -1%
・純Int18毎に Str +3 / スキルディレイ -1%
・純Dex18毎に Vit +3 / MaxHP +1%
・純Luk18毎に Agi +3 / 全種族Def15%無視
―――――――――――――
 部位 : アクセ 右側限定
 重量 : 60
 制限 : 全職 BaseLv80



入手

・ラグ缶 2017 15th Anniversary
・発売日時 : 2017/11/16(木) ~ 12/14(木) 約1ヶ月間
・B賞 1番下 



効果まとめ

171117_perverse_graf.png







ウォーロックでの運用の仕方


・複数装備は不可

 アクセの右側に限定されているということは,
 つけられる数の制限がされているとも言えます。



・豊富なステータス補正
・ダークハンドやアモンラーC挿しアプローズと相性が良さそう

 ステータスに大きく補正がつく装備と合わせれば,
 ステータス無詠唱などの敷居が下がりそうですね。





魔術師のグローブの代替に


【魔術師のグローブ [1] アクセ】
 
171117_perverse_mag.png
 
・火水風地無 属性魔法攻撃 +5%
・詠唱時間 -10%
・全ての種族のMdef 50%無視


・アクセサリー右側限定
・固定して使うのがメインか

 すぐに装備つけることができても,
 外すのに時間がかかってしまうので
 付け替え装備として使うのは難しいです。

 固定で装備するアクセサリーとして
 使うことが妥当です。



・Str18ごとに15%ずつのMdef無視
・Mdef60%無視なら,+8~9の影杖と合わせても100%になる

 Mdef60%無視だと余剰になることもありますが,
 影杖の +9(45%無視) や +8(40%無視) と合わせても
 他装備の50%無視と合わせたときのように
 5~10%が残らず,100%無視が可能です。

 レクイエムウィザードスタッフも同様に,
 精錬値+8~9でも 100%無視に届くようになりますね。
 (レクイエムWiz杖のことはすっかり忘れており
  Twitterで情報をいただきました。)



・アクセの空きが厳しい
・現在の魔術師のグローブの位置の代わりに入れるのが妥当か
 
 セリーヌのブローチやニーヴアクセ他,
 強力なアクセサリーで埋まることを考えると
 魔術師のグローブと代替位置として考えるのが妥当です。





ステータスの調整が必要


・場合によってはステータスリセットが必要
・課金アイテム利用の場合,1キャラあたり2000円

 複数キャラを持っている場合,
 そのキャラの分だけリセット費用がかかる可能性があります。



・ステータスポイントの節約に使うのは難しい

 高いステータスを下げ,対応する低いステータスを上げて,
 下げた分を補正で補う方法を考えましたが
 それは難しいようです。

 

【17.11.20 品目追加】
・純ステータスの影響する装備があることを忘れずに
・Dex,Int,Agi,Vit には注意が必要

171117_perverse_eq.png
 
【カルデュイの耳】
・純Dex10毎に Matk+2ずつ
・純Dex108以上で追加 Matk+60/詠唱-10%
・純Dex120以上で追加 Matk+100/詠唱-5%
 
【暴徒のスカーフ】
・純Int+純Dex=80 ごとに Matk+120/詠唱-3%
・純Agi+純Vit=80 ごとに 攻速+5%/MaxHP+5%
 
【チェネレC / +7アンドフリームニルのマント】
・純AGI10毎に攻撃速度 +2%ずつ
 
【カニバラウスC】
・純Int10毎に Matk+3/攻撃速度+1%
・純Int130で Matk+50
 
【知力の時空ブーツ】
・純Int120以上で Matk+60
 
【+7 靴 & 真化キマC】
・純Int10ごとに Matk+6/MaxSP+1% 
 
【+8 グウィバーの皮】
・純Int+純Dex=20 ごとに スキルディレイ-1%  





【17.11.20 追記】将来的な不安


・順当なステに合わせた装備が付けづらくなる
・選べる装備の幅が狭まってしまう

 この先,Intで魔法威力,Dexで詠唱速度のように
 ステータスに順当な強化の装備が出る確率は高いです。

 あまりに変わったステータスバランスにしてしまうと,
 本来の装備の恩恵を受けられなくなってしまうリスクもあります。

 スタンダードなステータスバランスのほうが
 選べる装備の幅は確実に広がると思います。



・天邪鬼用のステに変更すると外した時に弱体化してしまう

 天邪鬼の鬼面を活かすには,
 ステータスを天邪鬼の補正込みで組まざるを得ないため,
 他のアクセサリーに変更しづらくなってしまいます。



・+9エデンなど,アクセでのMdef無視が不要な場面でも天邪鬼が外しづらい
・将来実装される有力なアクセサリーがつけづらい

 高精錬のガーデンオブエデンは,
 頭装備にMdef無視が付いているおかげで
 他の部位のMdef無視装備を外せる利点があります。

 天邪鬼の鬼面もMdef無視装備として使うため,
 エデン装備時には本来不要になり,
 その分を他の強力なアクセに回すことができるはずでした。

 ただし,天邪鬼のステータスにすると
 それもやりづらくなってしまいます。


 将来的に,天邪鬼の上位互換となるアクセや
 職アクセなどの実装で変えたくなる可能性もあります。 



・装備に合わせて常にステータスを変えていく覚悟が必要

 導入も,その後の変更にも
 ステータスリセットが伴う覚悟が必要です。







実用ステータス


ステータスの調整可能範囲を考える

 純ステータスが大事なものと,
 補正でも問題ないものを見極めて
 ステータスバランスを考えていく必要があります。




【Str 54~72 [推奨72]】

・Mdef無視の実用値45~60%を得られる数値に
・威力を考えるなら,Mdef無視60%=Str72

 Str54ではMdef45%無視のため,
 他の50%削減と合わせたときに 5%残ってしまいます。

 高Mdefのモンスターがどんどん増えているため,
 その残った5%は大きな威力差を生んでしまいます。



・所持可能重量が増えるメリット
・所持重量は純ステでのみ上がる

 夢幻やETのように荷物が多いダンジョンで
 耐性装備や特化装備,回復アイテムを持てる量が増えます。

 「機能が良くても重い」という装備も
 躊躇せずに選べます。





【Agi 60~90 [下げるなら現状-10程度が推奨]】

・純AGI10ごとにチェネレCのASPD上昇がある

171117_perverse_agi.png
 
【チェネレC】
・純AGI10毎に攻撃速度 +2%ずつ
 
【+7 アンドフリームニルのマント】
・純AGI10毎に攻撃速度 +2%ずつ
・ASPD +1

 ASPD193を目指す場合,
 チェネレやアンド肩の効果が必要になることが多いので
 それを活かすために純AGIをある程度残す必要も出てきます。

 ヘルインフェルノやウォーターボールの連打の他,
 ディレイカット状態のソウルエクスパンションでも
 連打力を上げるためにASPDが必要になります。

 セシルCやトップサイドライダーCなどの
 武器カードでASPDを上げる方法もありますが,
 特化武器すべてにつける必要が出てきてしまったり,
 精錬値+10未満では威力上昇が無くなってしまいます。



・チェネレ装備想定で,現状からAgi-10(攻速-2%) なら影響は少ない
・現状からAgi-20(攻速-4%) になると 影響が大きくなる

 ASPDは,小数点単位で計上はされていますが,
 実際に効果が表れるのは1単位の数値のみです。

 攻撃速度2%程度なら,小数点の数値が減るだけで済み,
 実際のASPDには影響しない可能性もあります。

 ただし,攻撃速度4%にもなると
 1単位の部分が変わってきてしまいます。



・チェネレの代わりにカニバラCを使う場合は Agiを10単位にする必要はない
・1単位で削って調整しても大丈夫

 カニバラウスCであれば,ASPDはIntに依存するので
 Agiの数値は自由になります。

 ただし,カニバラCは
 チェネレCよりも上昇量は低くなることがほとんどです。



・Luk補正や完全回避は恩恵が薄い





【Vit 54~】

・Vit補正値+18を入れた合計で考える

 カルデュイや暴徒を使うことを考えると,
 純Dexは120でほぼ固定になります。

 純Dex120時のVit補正+18が入る前提で
 Vitのバランスを考えましょう。 



・Vitを上げての Dex補正や詠唱はそこまで要らない
・Dex120の時点で詠唱が速く,詠唱削減装備も増えている


 


【Int 108~120】

・暴徒のスカーフ使用なら Intは120固定

 威力を考えると,
 「純Int+純Dex=240」は必ず達成したいです。

 240を超えるのに無駄なくポイントを使うには
 各120ずつが最適です。

 Strなど他ステータスを上げることを考えると
 無駄なくポイントを使う必要が出てくるため,
 Intは120固定になると思います。



・暴徒型以外なら,下げてバランスをとるのもあり
・純Strで多少のInt補正もある

 Mdef無視効果のことを考えると,
 ある程度のStrを振っていることが想定されます。

 Int補正 +9~12 は見込めるので,
 その分で純Intを下げる選択もありだと思います。



【17.11.19 追記】
・暴徒以外の装備は影響が少ない
・知力の時空ブーツには注意

 純Intが影響する装備の種類は多いものの,
 Matk 3~12,ASPD1~2,ディレイ-1~2% など
 影響が小さくて済むものがほとんどです。

 ただし,知力の時空ブーツはMatk60の差になるため,
 使用している場合はInt120がほぼ必須となります。





【Dex 120推奨】

・暴徒型/カルデュイ型 共に120固定で考えた方がいい

 暴徒型は,Intと同じ理由で各120ずつが最適です。

 メイン装備が暴徒のスカーフでも,
 サバイバルオーブを使う際にはカルデュイを使うことになるので,
 いずれにせよ120あったほうがいいです。

 暴徒やカルデュイをメインにしないのであれば,
 下げても大丈夫だと思います。





【Luk 1】

・他ステータスが厳しいので,削る対象になる
・天邪鬼とアクエンとの両立は難しい

 





参考ステータス


・従来のステータスのまま使う場合
 
 [ Int120 Dex120 Agi90 Vit72 Str38 Luk1 ]
 Str+18       / ディレイ -6%
 Vit+18 (計90)  / MaxHP +6%
 Luk+15       / 完全回避 +5
 Dex+12 (計112) / 詠唱 -4%
 Int+ 6 (計126)  / Mdef30%無視
 
 補正値は悪くないが,Mdef削減が中途半端。
 
 武器によっては魔グロも必要になり,
 アクセに空きが作りづらいので使える場面が減りそう。
 
 それを考えると,
 ステータスは天邪鬼用に変更する必要がある。



・暴徒のスカーフ 型

 [ Int120 Dex120 Agi80 Vit55 Str72 Luk1 ]
 Str+18       / ディレイ -6%
 Vit+18 (計73)  / MaxHP +6%
 Luk+12       / 完全回避 +4
 Dex+ 9 (計129) / 詠唱 -3%
 Int+12 (計132) / Mdef60%無視

 Matk計+360 のためのステータスはクリアし,
 ASPDを最低限確保するためのAgiも残しています。

 Strを上げるために Vitを下げざるを得なかったので,
 Agi+Vit=160 はクリアできず。

 Agi+Vit=160 の効果である
 MaxHP+5%は天邪鬼の効果で補えましたが,
 ASPD+5%は得られなくなってしまいました。
 
 ちなみに,BaseLvを175まで育てても,
 Agi+Vit=160 にするにはポイントが足りません。



・カルデュイの耳 型

 [ Int108 Dex120 Agi90 Vit79 Str72 Luk1 ]
 Str+18        / ディレイ -6%
 Vit+18 (計97)  / MaxHP +6%
 Luk+15       / 完全回避 +5
 Dex+12 (計132) / 詠唱 -4%
 Int+12 (計120) / Mdef60%無視

 純StrのおかげでIntに補正がつく分,
 Intを下げて他のステータスバランスを整えました。

 ASPDも耐久面も十分に確保ができます。

 Int,Agi,Vit のバランスは
 お好みで改編できると思います。







ステータス解説 参考記事

 ステータスバランスを考える際に
 参考にしていただければ幸いです。











 長くなったので 一度区切ります。

 次回,魔術師のグローブとの威力を計算して
 それぞれを比較してみます。





関連記事


御覧いただきありがとうございます。記事が参考になったと感じられた方は,クリックしていただけると幸いです。

御覧いただきありがとうございます。
記事が参考になったと感じられた方は,
クリック していただけると幸いです。

Category - ウォーロック 装備考察

暴徒のスカーフ カルデュイの耳 ステータス

0 Comments

Post a comment

いつもたくさんの暖かいコメントを ありがとうございます。

コメントをいただく際は お手数ではございますが
私が判別出来るように お名前様をご入力いただけると幸いです