思考の果てに

Article page

【ロックリッジ新カード 考察】トップサイドライダー・ガスター・トップブレードライダー・カニバラウス 他

■ ロックリッジ新装備 WL視点考察
・【カード 考察】 (現在の記事)




171107_rock_top.png


ウォーロックにはあまり関係がなさそうと
思っていた「ロックリッジ」ですが,
新装備にはウォーロックにも魅力的なものが多くありました。

簡単にですが,考察をしていこうと思います。



まず今回は,カードの考察です。





【記事の内容について】
 
・すべてウォーロック視点のみとなります
 
・すべての方に当てはまる内容ではございません
 私のプレイスタイルに基づいた主観で,
 装備も自身の主観で選択しております。
 
・対人視点の考察はいたしません
 筆者は対人の経験がほとんどなく,
 内容が中途半端になってしまう恐れがあるため
 対人視点の考察は一切いたしません。







トップサイドライダーC (武器C)

171107_rock_topside1-2.png

・片手/両手杖の場合,精錬値1ごとに攻撃速度 +1%
・精錬値が10の時,魔法攻撃 +5%
 ―――――――――――――
 部位 : 武器



効果まとめ

【精錬値 +9】
・攻撃速度 +9%

【精錬値 +10】
・攻撃速度 +10%
・魔法攻撃 +5%



入手先

・ロックリッジ鉱山 (Lv160以上) に出現

171107_rock_topside2.png



比較対象

・セシル=ディモン (武器C)
 攻撃速度+5%

・ドッペルゲンガー MVP (武器C)
 攻撃速度 +10%

・CUTIE MVP (武器C)
 魔法攻撃 +10%
 魔法命中時 一定確率30秒,攻撃速度 +100%

・種族特化系 (武器C)
 各種族 魔法攻撃 +10%



所感

・1箇所だけで大きくASPD強化ができる武器カード
・セシル=ディモン(通常)C の上位互換


・高精錬なら単体でMVPカード並みのASPD強化
 単体でASPDが10%近くまで上げられるのは
 MVPカードしかありませんでした。

 グリフォンCや工場警備員CもASPDが大きく上がりますが,
 セット装備が必要になってしまいます。


・精錬値+10なら 威力強化と両立が可能


【17.11.26 訂正】
装備構成によっては「種族特化」のほうが威力が高くなる可能性もある
 私の装備で比較した際には
 トップサイド×2 より 種族特化×1 のほうが
 2%ほど強くなりました。

 「魔法攻撃で与えるダメージ+」と「種族特化」の
 それぞれの上昇値のバランスによって結果が変わるようです。

 つまり,他装備や環境によっても結果が異なるので
 必ずご自身の環境で計算を行って確認してください。



使いどころ

【ラクリマスティック&サバイバルロッド】

・ラクリマやサバ杖におすすめ
・精錬値が+10前提で,ASPDがほしい魔法の強化がある

 ラクリマやサバ杖は,
 セット効果が精錬値+10を標準にしているため
 カードの効果をフルに活かせます。

 ラクリマセットの強化魔法であるウォーターボールは
 重ね撃ちをするのにASPD190以上が必要で
 193に近づくほど重ねがやりやすくなります。

 サバ杖のチェーンライトニングも,
 CTとディレイがゼロになる影響で
 ある程度のASPDが要求されます。



・近年は武器でASPDを上げる必要性が増えてきた
・靴でASPDが上げられない分を補える

 昔は,武器にASPD強化をつけるのは,
 Mdef半減Cをつけたいのがあって微妙でした。

 しかし,近年の実装で
 Mdef半減は他の部位でとれるようになったり
 優秀な威力装備や耐性装備も増えたので,
 武器CでASPDを稼ぐ選択が有効になりました。


 ポロロッカやサバイバルは
 靴でASPDを上げることができません。

 特にポロロッカセットのほうは
 ASPD193を目指すことになるので,
 靴で上げられない弊害が大きいです。

 武器でのASPDアップ無しで193にするには
 他部位の縛りがきつくなり,
 耐性や大きな威力特化の装備がつけられなることも。



・付け替えの本数を減らせる
・汎用として1本化するのもありか

 ポロロッカやサバイバルは,
 付け替えで使うことが多いため
 本数が増えるとその弊害にもなってしまいます。

 私も今現在,ラクリマにはセシルC×2を挿しており,
 ほとんどそれしか使わなくなっています。



・エデンや魔グロの使用者ならさらに使いやすい

 ラクリマやサバ杖には
 靴とのセット効果でMdef50%無視があります。

 エデンやマグロと併用すれば
 武器にMdef削減セットCを装備する必要もないので,
 武器の一本化がさらにやりやすくなりますね。





【シャドウスタッフ】

・影杖は+10が厳しいので ASPDアップの効果のみになるか



・肩を属性耐性に回しても ASPDが確保しやすくなる

 属性耐性やディレイカットなど,
 他部位の自由度を高めたい用途なら
 影杖自体でのASPDアップも選択肢として悪くないとは思います。



・ラクリマと併用するなら,他部位でASPDを上げていることが多い
・影杖なら,靴でASPDを稼ぐこともできる
・影杖自体で 無理してまでASPDを上げる必要はない

 ラクリマと付け替えで使っていく場合,
 結局 他部位でそれなりにASPDを稼ぐことになります。

 影杖と速度上昇の靴のセットで使うのであれば,
 結局武器でASPDを稼ぐ必要はなくなると思います。





トップサイドライダーC 評価

 ★★★★☆

 急ぐわけではないが,
 ぜひ装備更新をしたい







ガスターC (盾C)

171107_rock_gas2.png

・一般モンスターから受けるダメージ -40%
・ボスモンスターから受けるダメージ +40% (ペナルティ)
 ―――――――――――――
 部位 : 盾



比較対象

・ホドレムリンC (盾C)
 一般モンスターから受けるダメージ -15%

・スティングC (盾C)
 盾の精錬値+9以上で,全サイズからのダメージ -20%



所感

・アリスCの逆バージョン
 ただでさえ痛いボス属性相手からのペナルティがあるので,
 使う場所は選びそうです。



使いどころ

・ボス属性がいなくて,さらに種族がバラバラの狩場は少ない
・使いどころが少なくなりそう

 一般モンスターのみの場所は,
 ほとんどが種族盾で対応が可能な狩場です。

 基本Atkが高い相手の場合,
 種族耐性のほうが軽減率が高くなることもあるので,
 Atkが高いモンスターが多い最近では,種族耐性のほうが安心です。

 種族盾で対応が難しいETや夢幻は,
 同じ階層でもボスと一般が混在して出てくるので,
 使用は難しいと思います。



・ヴェルナー研究所で付け替えなしでやりたいなら

 ヴェルナー研究所 (通常マップのほう) は
 敵の種族が3種に散っており,
 すべて一般モンスターのみとなります。

 サイズは中型で統一されていますが,
 ダメージ軽減率の面で ガスターCが上位として使えそうです。

 時間湧きのボスモンスターにだけ注意が必要ですね。

 ヴェルナー研究所は経験値も美味しくなったので,
 今後のレベル上げ場所としても期待できそうです。



ガスターC 評価

 ★★☆☆☆

 使いどころは少なそうなので,
 「手に入ったらどこかで使うかも」という程度







トップブレードライダーC (肩C)

171107_rock_topblade.png

・詠唱が中断されない
・詠唱時間 +15% (ペナルティ)
・精錬値が7以上の時,Atk +40 / Matk +40
 ―――――――――――――
 部位 : 肩 



比較対象

・エナジー <魔導> (翼系エンチャント)
 詠唱中断耐性
 詠唱時間 +15% (ペナルティ)
 肩+5以上で+1ごとに,Mdef +1, MaxSP +1%



所感

・肩で詠唱妨害耐性がとれる

・詠唱ぺナルティは少なめ
 フェンCよりも詠唱ペナルティを抑えることができます。

・<魔導>エンチャントと違い,装備を自由に選べる
 翼系にしかエンチャントがつけられなかったので,
 装備選択の幅が広がります。





使いどころ

・暴徒のスカーフ使用者でも鎧が自由になる
・深淵のドレスや魔呪の鎧などが使いやすくなる

 暴徒のスカーフ使用者の場合,
 下段で詠唱妨害耐性がとれなくなります。

 詠唱ペナ無し,または少なめで 妨害耐性をとるには,
 覚醒系やゲフェンマジックローブなどの「鎧」か,
 インペグローブ「アクセ」になります。

 アクセは強力なものが多いので
 詠唱妨害耐性のためにインペグローブをつける空きがないことも。


 そうなると「鎧」が縛られてしまうことになりますが,
 肩で詠唱妨害耐性を取れることで
 鎧を自由にすることが可能となります。



・詠唱ペナルティがゼロではない
・装備構成によっては下段で詠唱妨害耐性をとったほうがいい

 肩に詠唱ペナルティをつけてまで
 覚醒系以外の鎧や暴徒のスカーフを使うと
 かえって弱くなってしまうこともあるので 要計算です。

 中段のカードをどうしても使いたかったり,
 ASPDとのバランスで暴徒が必要あれば有効だと思います。
 


・後衛で詠唱妨害耐性が必要な場面は属性耐性も要ることが多い

 詠唱妨害耐性がほしい状況は,
 広範囲の魔法を受けていることが想定されるため,
 肩装備は属性耐性の方に回さなければならないケースが
 考えられます。



・属性耐性がとりづらくなるのは厳しいか
・使いどころが限られそう

 属性耐性がないと厳しい敵も多いので,
 肩での耐性数値が減ってしまうのは難点です。 

 様々な属性耐性の切り替えが必要な夢幻やETでは,
 肩1つで大きな属性耐性をとれるようにするほうが早いです。

 それを考慮すると,
 使いどころは限られてきそうですね。




トップブレードライダーC 評価

 ★★☆☆☆

 使いどころがあまり多くなさそうなのと,
 詠唱ペナルティをつけてまで
 覚醒ローブ以外を使う必要はなさそうと判断。
 
 





カニバラウスC (肩C)

171107_rock_canniba.png

・純Intが10ごとに追加で Matk +3,攻撃速度 +1%
・純Intが130の時,追加でMatk +50。
 ―――――――――――――
 部位 : 肩 



効果まとめ

【純Int110】
・Matk +33
・攻撃速度 +11%

【純Int120】
・Matk +36
・攻撃速度 +12%

【純Int130】
・Matk +89
・攻撃速度 +13%



入手先

・ロックリッジ地下街に出現

171107_rock_canniba2.png



比較対象


・チェネレC
 AGI70 = 攻撃速度+14%
 AGI80 = 攻撃速度+16%
 AGI90 = 攻撃速度+18%

・毀損された古書C
 Int110 = Matk+55
 Int120 = Matk+60
 Int130 = Matk+65



所感

・古書CとチェネレCの間といったところか
 良く言えば「バランス型」,
 悪く言えば「器用貧乏」といったところでしょうか。


・Int130でMatk上昇ボーナス
・他ステのバランスを考えるとInt130は厳しい
 上限解放後も,Int130まで上げてしまうと
 他ステータスを圧迫してしまうのは変わりません。

 Agiを上げて 耐性装備時でもASPDを確保できるようにしたほうが
 火力が高くなる場面も多くありました。


・アンド肩やエルダーの御霊と重複可能
・ASPD重視やMatk重視の肩装備が作れる
 アンド肩はチェネレCと両立不可能,
 エルダーの御霊は古書Cと両立不可能というように
 似たような効果の装備とカードは
 重複できないようになっていました。

 カニバラウスCなら,上記と重複ができるため,
 さらにASPDやMatkに特化した装備作成が可能となります。





Int型別の肩装備ごとのASPD比較


【純Int110型】 (クリックで拡大)
171107_rock_graf110.png


【純Int120型】 (クリックで拡大)
171107_rock_graf120.png


【純Int130型】 (クリックで拡大)
171107_rock_graf130.png


・新装備「鉱山のリュック」のASPD上昇が強力
・+7アンド肩&カニバラウスを無理に作る必要はなさそう

 ASPD特化の肩を作るなら,
 速度エンチャをした「鉱員のリュック」に
 チェネレCを挿したほうが強いようです。

 鉱員のリュックのほうには,
 よく必要になる「火耐性」もついています。



【鉱員のリュック [1]】
 
171107_rock_shoulder.png
 
・攻撃速度+7%
・火/地属性攻撃で受けるダメージ-30%
 ―――――――――――――
 装備 : 全ての職業
 重量 : 60
  
【エンチャント】※一部抜粋
・[第3] : 魔力1,速度1,バーンなど各属性ダメ-15%
・[第4] : 魔力2,速度2,各ステ1~3
 
【入手方法】
・「ロックリッジコイン」10個とランダムで交換。





使いどころ

・肩装備のASPDに依存しすぎるのは危険
・従来の装備以上のASPDは不要か

 上限解放によってAGIが振りやすくなったのもあり,
 ASPDはチェネレCかアンド肩のどちらかがあれば
 ASPD193の達成が十分に可能でした。
  
 肩で一気にASPDを稼ぐことで,
 他部位を自由にできる利点はあります。

 ただし,あまり肩装備のASPD上昇に
 依存しすぎた装備構成にしてしまうと,
 いざ属性耐性で肩装備を変えざるを得なくなった時に
 急に弱体化してしまいます。



・ASPD特化よりも,属性耐性やディレイ削減を入れる選択肢も

 属性耐性ならディーヴァ肩や魔呪肩,降霊術士,ロックリッジ新装備,
 ディレイカットならディーヴァ肩やグウィバー皮,降霊術士など,
 それらを選択する手もあります。



・Int130型でもない限りは,無理に使う必要はなさそう



・自分のメイン装備に合わせて要計算

 器用貧乏になりすぎて,
 必要な数値に1歩届かないとなるのも困るので,
 ぴったりに合わせ過ぎないのもコツです。





カニバラウス 評価

 ★★★☆☆

 ASPD特化の肩は作っておきたいが,
 今現在でそれが必須な場所がほとんどない
 






記載を省略したカード


簡単な概要のみ

・ブレードライダーC (盾C/火属性MOBから-20%)
 火属性モンスターは
 狩場によって種族が統一されているので
 種族耐性のほうが良さそう

・コヨーテC (肩C/水&念属性ダメ-20%)
 ルキフル戦や生体獄での耐性装備に有効か。
 LP無しでルキフルを抱えるには
 念属性の耐性をとるのがけっこう大変なので,
 マリオネットCじゃないと厳しいかもしれません。

・ラウンドライダーC (靴C / MHP+10%,純ステで追加効果)
 MHP上昇に時空ブーツの追加効果を混ぜた感じ。
 靴カードは他に強いカードがたくさんあるので
 あえてこれを選ぶ必要性はあまり感じません。



ウォーロックに無関係のため省略

・トップラウンドライダーC
・プラズマラットC
・サイドライダーC










新装備系も考察をやっていく予定です。

サバセットの新たな考察記事も完成したので,
どこかでのタイミングで公開する予定です。


・次記事更新



関連記事


御覧いただきありがとうございます。記事が参考になったと感じられた方は,クリックしていただけると幸いです。

御覧いただきありがとうございます。
記事が参考になったと感じられた方は,
クリック していただけると幸いです。

Category - ウォーロック 装備考察

8 Comments

なつみ★  

トップサイドライダーCについて

いつも丁寧な考察でとても助けられています。
今回はふと思った疑問があり、コメントいたしました。

トップサイドライダーCについて、サバイバルロッドはスロットが1ですが、ラクリマや影杖はスロットが2じゃないですか。
このカードを2枚刺した場合、カードの効果は倍になるのでしょうか?

セシルCの上位互換と記載されていました。
シュミレーターではセシルは2枚刺すと、ASPDが2枚分、上がりました。

夢のまた夢の話ではありますが、+10影杖というロマン武器を万が一にでも手に入れた場合、トップサイドライダーC2枚刺しという選択肢はありなのでしょうか?
また、CLOTHOさんは+10影杖ができた場合、刺したいカードはありますか?

2017/11/16 (Thu) 18:18 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: トップサイドライダーCについて

> なつみ★ さん

 いつもご愛読いただきありがとうございます。

 長文のご回答になり大変恐縮ではございますが,
 ご都合のよろしいときにお読みいただければ幸いです。




■ トップサイドライダーを2枚挿した場合

 他のカードでは,
 「精錬値10のときに~」や
 「精錬値が1上がる度に~」という記載のものは
 2枚挿した場合には 2枚分の効果が出ているようです。

 そこから推測するに,
 トップサイドライダーカードも2枚挿せば
 2枚分の効果が得られると思います。

 ただし,私もカードはまだ入手できておらず,
 実際にトップサイドライダーCで検証したわけではないので
 「未検証の予想」であることをご承知置きください。




■ +10影杖にトップサイドライダーCはどうなのか

 影杖装備時に使う「靴装備が何か」が
 選ぶポイントになってくると思います。



【靴装備】

 俊敏時空 や 知力時空<速度> のように
 靴でASPDが上げられるのであれば
 トップサイドライダーCのASPD上昇がなくても
 ASPD193が達成できてしまうと思います。

 肩でASPDが上げられない状況でも,
 1枚もあれば十分だと思います。


 アプローズや火雷大神のように
 靴でASPDが上げられないのであれば
 トップサイドライダー2枚挿しも
 有効だと思います。



【+9影杖 種族特化×2 より弱くなってしまうことも】

 トップサイドライダーCの
 「魔法攻撃で与えるダメージ+」の効果は
 「魔法攻撃時,●形モンスターへのダメージ+」と比べて
 同じ威力の伸び方をしません。

 例えば,同じ「10%」で比べたとしても,
 種族特化のほうが 威力の伸びが大きくなります。

 その結果,
 +10影杖 トップサイドライダー×2 よりも
 +9影杖 種族特化C ×2 のほうが強くなることも。

 私の装備での計算では,
 +9種族特化×2のほうが +10トップサイド×2よりも
 7%ほど威力が高くなりました。

 せっかくの+10影杖も,
 +9に負けてしまうのであれば,
 「+9の種族特化影杖を数本用意する」ほうが
 有効な選択肢となってしまいます。


 ちなみに,装備構成よっても結果は変わるので
 必ずご自身の環境で計算をして確認をしてください。



【まとめ】

・靴をASPD装備にしないならトップサイド2枚挿しもあり

・威力面を考えると ザクダムCのように
 「よく戦う種族への特化×2枚」が望ましい

・タイムホルダーCやセリーヌCが手に入ったらそれが理想
 (セリーヌキミも種族特化に負けることがあるので
  よく戦う種族への特化Cを1枚混ぜた方がいい) 




■ 私が+10影杖に挿すカード

 <暴走魔力>の俊敏時空を愛用しており,
 ASPDは十分稼げていることから
 トップサイドライダーCは挿さないと思います。

 せっかくの+10であれば
 MVPカードを狙いたいところですが,
 あくまで夢ですね。


 現実的な範囲で考えるのであれば,
 ザクダムC2枚挿しになると思います。

 強い相手やすぐに倒したい相手は
 人間種族が多いです。

 夢幻の迷宮のボスや
 生体MVP,獄モンスター,
 イーブルや ヴェルナー研究所のセイレンなど,
 最近では特に増えましたよね。

 現状でメインに使っている +9影杖 も
 ザクダム2枚挿しのものです。




 以上,長くなりましたが
 ご返答とさせていただきます。

 最後までお読みいただき ありがとうございました。

2017/11/17 (Fri) 11:35 | REPLY |   

なつみ★  

ご丁寧なお返事ありがとうございました!

すごく分かりやすかったです!!!

靴による変化がとくにわかりやすく、とても助かりました。
わたしは暴走魔力をあまり好まなく、エクセ靴S-Matk(+ASPDとDEF)か、キマキマトラペを愛用しています。
メインWLはINT130のAGIが低め、サブWLはカルデュイ型のAGI100なのですが、どちらもASPD不足で悩んでいました。
また、わたしはPTで遊ぶ時、CLOTHOさんのような火力WLではなく、あくまでも補佐火力となっています。
ここも書いておけばよかったですね……。

いつか、複数本の+10影杖ができたときに、2枚刺してみたいと思いました!
お互いにいろんな夢が叶うといいですね!
本当にありがとうございました!!

これからもブログの更新、楽しみにしています。
寒くなってきたので、ご自愛くださいませませ☆

2017/11/17 (Fri) 22:50 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: ご丁寧なお返事ありがとうございました!

> なつみ★ さん

 お読みいただきありがとうございます。

 ASPDが不足しているのであれば,
 連打力の上昇の分で種族特化を越えそうなので
 トップサイドライダーが有利だと思います。


 励ましのお言葉,
 本当にありがとうございます。

 これからもそれを糧にして
 更新を頑張らせていただきたいと思います。

2017/11/21 (Tue) 00:28 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/25 (Sat) 22:05 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: タイトルなし

> (非公開) 様

 こちらこそ,
 いつもご覧いただきありがとうございます。



 ラトリオ様のリンクを貼っておきます。

http://roratorio-hinanjo.net/roro/m/calcx.html?aoaYdrbiaQbMbCcqcqabama3d1jaUK12haWi12jaQsaje3amzajY1aeK13bee12jaWGanH9hbgdaoj9hbcEart3anyany1bhcaph10bfhaxR12d2b93kk99akif483c89b77abbF603kkf17f519abSaakabvaal288


 セリーヌセットとディーヴァ肩のボス特化や
 覚醒ローブの闇魔法威力上昇,
 魔術師のグローブの火魔法威力上昇など
 関係しそうなところを外して再度計算をしてみましたが,
 私の計算では 種族特化のほうが強くなりました。



 ラトリオ様の拡張機能の部分だけでなく,
 トップサイドライダーと同じ表記となる
 セリーヌキミCでも計算をしています。
 
 セリーヌセットを外した状態での
 セリーヌC (魔法攻撃で与えるダメージ+10%)と
 種族特化+10% (今回はザクダムC) でも,
 種族特化のほうがダメージは高くなりました。



 恥ずかしながら,
 計算式などはあまり詳しくないので
 何が作用しているかは分かりかねますが,
 環境や使用するスキルによって
 結果が変わってくるのかもしれません。

 以上をふまえて,
 記事の内容も念のため追記させていただきました。



 あまりお力になれず申し訳ございません。

2017/11/26 (Sun) 01:01 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/26 (Sun) 01:55 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: タイトルなし

> (非公開) 様

 いつもご丁寧にありがとうございます。

 威力上昇についての解説,
 わかりやすくてとても参考になりました。


 今の私の装備ではその結果になっても,
 種族特化の割合が多くなったら
 また結果が変わりそうですね。

 身近なところだと,
 種族特化のディーヴァ武器を混ぜたら
 変わってきそうですね。


 恥ずかしながら,そのあたりのことは
 ずっと無知なままきてしまったので,
 今回のことは非常に勉強になり,
 知識が深められて嬉しい限りです。

2017/11/26 (Sun) 02:40 | REPLY |   

Post a comment

いつもたくさんの暖かいコメントを ありがとうございます。

コメントをいただく際は お手数ではございますが
私が判別出来るように お名前様をご入力いただけると幸いです