思考の果てに

Article page

【17.11.03追記】サバイバルセット検証 お試し道場検証 ChL編

171030_surv_top.png


 サバイバルシューズのレンタルを利用して,
 お試し道場にて測定を行ってきました。

 今回の測定だけでは不確定な要素も多いですが,
 ひとまず今回の結果を記載いたします。





お読みになる前のご注意

 
【記事の内容について】
 
・すべてウォーロック視点のみとなります
 
・すべての方に当てはまる内容ではございません
 私のプレイスタイルに基づいた主観で,
 装備も自身の主観で選択しております。
 
・対人視点の考察はいたしません
 筆者は対人の経験がほとんどなく,
 内容が中途半端になってしまう恐れがあるため
 対人視点の考察は一切いたしません。
 
 
 
【人によって結果は大きく変わります】
 
・特に,ヘルインフェルノの威力は
 連打速度やPC環境の影響が大きく受けるため,
 結果は人によって異なります。
 
 
 
【まだまだ不確定な要素が多い状態です】
 
・測定が完全ではない部分もございます
・時間の都合で,試行回数も多いとは言えません
 
 お試し道場での測定から得られる情報には限度があり,
 不足な部分は計算で補っています。
 
 測定方法はできるだけ公正を心がけているものの,
 どうしても不足が生じています。
 
 
・不確定な要素も多く,
 後に結論が変わってしまう可能性も十分あります。
 
 実際のボス相手に測定したところ,
 今回の内容とは異なる結果になることもありました
 
 検証結果が出次第,
 順次記事を更新していく予定です。







検証結果まとめ

171031_surv_top2.png

 今回は内容が長いので先に結論を記載しておきます。

 長文が苦手な方は
 このまとめだけご覧いただければ大丈夫だと思います。



鯖セットのチェーンライトニングは適材適所で使うべき

・ChLは相手属性と周りの敵の数に合わせて向き不向きがある
・属性相性が等倍の相手なら基本的にヘルインフェルノのほうが強い
・対ボスのメインは従来通り影杖ヘルインフェルノになりそう

・ASPD装備やテクニック不要のお手軽装備として使うのもあり
 極めるならHIやWBも混ぜて,適材適所で使い分けるほうが強い



安定感の無さが弱点か

・「暴走&ChL+100%」の最高火力状態が出づらく,キープもしづらい
・敵が増えるとHit数のランダム要素もあり,より不安定に
・ChLを使うなら,安定して火力が出しやすい場所を選んだほうがいい
・HIやWBのほうが暴走も出やすく,安定した火力が出せる



サバイバルオーブの必要性

・HPが低い(1M付近) 相手なら,鯖オーブは不要
・HPが高かったり,高Lv闇属性が相手の場合はあったほうがいい



チェーンライトニングが有効な相手

・[] HP少 : 敵数2
・[] HP多 : 敵数1~2

・[]     : 敵数1~2 / オーブ装備 敵数1~3
・[]     : 敵数1~2 / オーブ装備1~3
・[不死]    : オーブ装備 敵数2


・ChLはランダムHitのため,記載の通りにならないこともある

・実証結果を元にして計算で補完したものもあるため,
 実際の結果と異なるものがある可能性がある



属性ごとの最高火力になる魔法

・[] HP少      : ヘルインフェルノ
・[] HP多      : ウォーターボール

・[] HP少 敵数1or3~ : ヘルインフェルノ
・[] HP少 敵数2   : チェーンライトニング
・[] HP多      : チェーンライトニング

・[]         : ヘルインフェルノ
・[]         : ヘルインフェルノ
・[]         : ヘルインフェルノ

・[] 敵数1~2体   : チェーンライトニング
・[] 敵数3体     : チェーンライトニング (オーブ装備)
・[] 敵数4体~    : ウォーターボール

・[]         : ヘルインフェルノ
・[]         : ヘルインフェルノ

・[毒] HP少 敵数1~3  : チェーンライトニング
・[毒] HP少 敵数4~  : ウォーターボール

・[] HP多 敵数1~2  : チェーンライトニング
・[] HP多 敵数3   : チェーンライトニング (オーブ装備)
・[] HP多 敵数4~  : ウォーターボール

・[不死] 敵数1or3~  : ソウルエクスパンション
・[不死] 敵数2     : チェーンライトニング (オーブ装備)


・ヘルインフェルノの威力は,
 連打速度やPC環境の影響を大きく受けるため,
 結果は人によって大きく変わってきます。

・ウォーターボールはダメージを高めるためにテクニックが要るため,
 使用者の鍛練によって結果が変わる。

・ChLはランダムHitのため,記載の通りにならないこともある

・実証結果を元にして計算で補完したものもあるため,
 実際の結果と異なるものがある可能性がある









前知識 : チェーンライトニングの連鎖について


・高画質設定へ変更してください
 右下の歯車アイコンで画質変更が可能です。
 1080HD (or720HD)に変更してください。

・フルサイズ画面でのご視聴推奨です
 1920×1080のサイズで録画を行ったため,
 できるだけ大きな画面でのご視聴を推奨いたします。



チェーンライトニングの連鎖検証まとめ

【全共通】
・1発目は必ずターゲッティングした対象に当たる

【対象1人の場合】
・同じ対象に当たり続ける
・1詠唱につき4発まで発動

【対象2人の場合】
・2人の間を交互に連鎖し続ける
・同じ対象に連続では当たらない
・1詠唱につき計9発まで発動 (Lv5の場合)

【対象3人以上の場合】
・ランダムで連鎖を続ける
・同じ対象に連続では当たらない
・1詠唱につき計9発まで発動 (Lv5の場合)

【連鎖中に対象を倒した場合】
・残った対象の数の条件に応じて発動



実用目線で考える

・対象1人では4Hit,対象2人なら5Hit
 → 対象1人より2人のほうがHit数は多い

・連鎖中に取り巻きを倒すと ChLが止まる可能性が高い
 → 取り巻きのいるボスは,こまめに取り巻きを倒してもHit数が出づらい

・対象3人以上の場合はランダムで連鎖
 → 連鎖する相手はコントロールができない
   取り巻きが多ければ多いほど当たりづらくなる







 撃破時間計測


【測定の詳細】
 
171030_surv_soft.png
 
・お試し道場の各属性サンドバッグマンの撃破時間を計測
・撃破の様子は動画撮影し,コマ割にして詳細な撃破時間を計測
・魔法使用からソウルドレイン発動までを撃破時間としてカウント
・相手属性ごとに数回ずつ試行し,その平均値を計算
・平均の撃破時間から秒間ダメージを計算
 
・各属性Lv4 / 無形種族 / 中型 / ボス / MHP1M 
 
・どの魔法でも暴走魔力発動中に攻撃
・ChLは「ChLの威力+100%」が発動してるときに攻撃
・SoEはディレイカット装備で計測
 
・%計算の基準にした魔法は,ポロロッカ検証(2016年5月)で撃破時間が速かったものを選択
 
 
 
【今回の検証に使用した装備】
 
・+7 ダークハンド + アイシラC
・グラス + (ガイアスC)
・暴徒のスカーフ
・+9 覚醒 <暴走> + (バースリーC)
 
・+10 サバイバルロッド <Matk4%><Matk3%>
 or +9 シャドウスタッフ
 or +4 ディーヴァダガー 無形+60%
    (特化50%ディーヴァ杖に相当)
 
・+7 生ける炎の盾 + (アリスC)
・+8 グウィバーの皮 + チェネレC
 
・+7 サバイバルシューズ
 or +7 俊敏時空 <速度2>×2 + 真化キマC
 
・城下町の地図 <名誉迅速><死体力><安息体力>
・魔術師のグローブ + T_W_O C

・時間の差を分かりやすくするため,防具は威力上昇を抑えた装備に
・頭装備はライオットやダクハン,セリーヌをつける想定でサークレットは未使用
・肩は属性耐性をとる想定で,マントは未使用
・武器は特化カード適用なしで計測
・どの武器も上昇の余地を10~20%残した状態で統一
 
 
 
【キャラクターのステータス】
 
・Base Lv : 171
・Job Lv  : 60
 
・Int    : 120
・Dex   : 120
・Agi   : 90
・Luk   :   1
 
 
 
【注意点】
 
・ヘルインフェルノの威力は,
 連打速度やPC環境の影響も大きいため,
 結果は人によって大きく変わってくると思います。
 
・実際のボス相手に測定したところ,
 今回の内容とは異なる結果になることもあったため,
 まだ不確定要素が多くあります。
 
・検証結果が出次第,
 順次記事を更新していく予定です。





単体相手での計測

・単体相手でのチェーンライトニングは4Hit固定になる




【HPが低い相手を想定】

・HPの低い相手では短期戦になる
・短期戦の場合,デリュージを張って最初のWBを撃つまでの速さも大きく影響する
・WBはデリュージを張った瞬間から計測をスタート

171029_surv_graf1.png
 (クリックで拡大)


・全体的にヘルインフェルノが強い
 メイン装備として威力を振るうのは
 従来通り,影杖ヘルインフェルノになりそうです。



・火相手はヘルインフェルノが強い
 デリュージを張るような準備時間も不要で,
 すぐに攻撃に入れる強みがあります。

 3次職魔法はBaseLvが威力に影響するため,
 上限解放によって以前よりヘルインフェルノの威力が上がったのも
 要因だと考えられます。



・水相手もヘルインフェルノが上回った
 チェーンライトニングは,
 ダメージがいくつも重なって最高ダメージに達するまでの時間が長いので,
 短期戦になるHPの低い相手には向かないようですね。



・闇/毒相手はチェーンライトニングが強い
 ウォーターボールの威力を大きく上回る結果になりました。

 ヘルインフェルノの闇属性ダメージが通りづらい相手には,
 取り巻きのいない単体相手なら
 チェーンライトニングを使うのが良さそうです。



・不死相手は特化ディーヴァ+ディレイ削減のSoEが有効
・特化ディーヴァやディレイ削減がない場合は,ChLが上回る可能性も
 ブラギ無しでも,
 特化ディーヴァで単発火力を稼いで
 ある程度のディレイカット装備があれば
 ソウルエクスパンション連打でのダメージに期待できます。

 どちらもない,または装備できない状況の場合は,
 チェーンライトニングのほうが威力が上回ることもありそうです。




・オーブを装備しても撃破時間が変わっていないことが多い
・短期戦ならオーブまで装備する必要はない

 サバイバルオーブ装備時と暴徒セット装備の
 両方で計測を行いましたが,
 オーブ装備時のほうが威力が上がるにも関わらず
 撃破時間の差はほとんどありません。

 複数の試行から平均値を算出していますが,
 どの試行でも同じような結果でした。

 しかし,撃破時間の長い闇属性相手では
 しっかりと差が出ているようです。


 オーブの有無が影響してくるのは長期戦のみのようで,
 短期戦では特に無くても大丈夫なようですね。

 暴徒がオーブの威力を上回ることがあるのは,
 ディレイとCTがない状態だと
 ASPDが魔法を撃つ速度に大きく影響することから
 暴徒のASPDアップの分だと予想します。







【HPが高い相手を想定】

・HPが高い相手は長期戦となる
・戦闘中はほとんどWBが発射された状態となる
・デリュージを張ってから最初のWBを撃つまでの時間の影響は少ない
・WBは「WBの発射の瞬間」から計測をスタート

・長期戦想定なら,本来はオーブ装備時の威力アップの影響が出ると考えられる
・オーブの影響が出ている闇相手の測定結果を元に,同じ上昇率で秒間ダメを計算したものを追加

171029_surv_graf2.png
 (クリックで拡大)


・基本的にはヘルインフェルノが強い
 HPの高さに関係なく,対ボスのメインは
 影杖ヘルインフェルノで良さそうですね。



・火でHPの高い相手ならウォーターボールが有効
 瞬発力を必要としない 高HPの相手であれば,
 ウォーターボールの重ね撃ちを続けるのが強いようです。



・水でHPの高い相手ならチェーンライトニングが有効
・ただし,サバイバルオーブの装備が必要になりそう
 瞬発力を必要としない HPの高い相手であれば,
 チェーンライトニングが有効のようです。

 ただし,ヘルインフェルノを越えるには
 サバイバルオーブを装備して威力を上げる必要がありそうです。

 この結果については,他と違い 計算での結果となるため,
 実際のダメージとは異なる可能性があります。

 

・闇/毒相手は高HP想定でもチェーンライトニングが強い



・不死相手は特化ディーヴァ&ディレイ削減のSoEのほうが強い
・ただし,高HP想定だとオーブ装備のChLも同じくらいの威力になる
 特化ディーヴァやディレイ削減がない場合は,
 ChLが上回る可能性が高くなります。

 この結果については,他と違い 計算での結果となるため,
 実際のダメージとは異なる可能性があります。







複数相手での計算

・チェーンライトニングは敵の数が多いほどHit数が減ってしまう
・敵の数に応じて期待できるダメージ量が減るということになる




【敵の数に応じたダメージ減少量の計算】
171029_surv_graf3.png
 (クリックで拡大)


・「同じ対象に連続では当たらない」のが計算式に反映されていないため,厳密に正しい数値ではない
 恥ずかしながら,数学に対する知識の無さ故に,
 チェーンライトニングの複雑なHit条件を
 数式に組み込むことができませんでした。

 ただ,チェーンライトニングはあくまでランダムHitなので
 そこまで厳密な計算は不要であるとも考えました。





【敵の数ごとのダメージ期待値】
・Hit期待値を元に,敵の数によってダメージどの程度の変化があるかを計算
・あくまで期待値の計算のため,実際にはランダムな振れ幅が生じる

171029_surv_graf4-1.png
 (クリックで拡大)

171029_surv_graf4-2.png
 (クリックで拡大)

171029_surv_graf4-3.png
 (クリックで拡大)


・全体的に,ChLは敵数4体以内で使わないと他魔法より弱くなってしまう
 他魔法と差をつけるなら3体以内で使うべき
 → 取り巻きがいるモンスターはほとんど4体になるので,威力に期待がしづらい

・水相手は,どの装備でも敵数1~2体
・闇相手は,暴徒装備で1~2体,オーブ装備で~3体まで
・毒相手は,どの装備でも1~3体
・不死相手は,オーブ装備時で1~2体







計測時の使用体感

・最高火力状態を安定して作るのが難しい
・暴走とChL+100%の両方が重なって出てくれないことが多かった

 確率発動である「ChL+100%」と「暴走魔力」が両方発動した状態が
 サバイバルセットの最高火力状態となります。

 片方だけの発動でもそれなりに強いのですが,
 他魔法よりは落ちてしまうこともありそうです。




・暴走した魔力が発動しづらい

 サバイバルセットでは 靴が埋まってしまうため,
 鎧にしか装備ができない分 発動率が落ちてしまいます。

 ファイアーウォールの足元置き3枚をしても
 暴走魔力が発動しないことが多々あり,
 それなりなストレスとなりました。

 ポロロッカセットでも条件は同じとなりますが,
 あちらはウォーターボールの連打力のおかげで
 暴走魔力が出やすく,維持もしやすいです。

 チェーンライトニングは,1発のダメージペースも遅いので
 攻撃中の暴走魔力発動は期待できず,
 発動しても延長出来ずにすぐ切れてしまう印象でした。




・チェーンライトニング+100% の発動率はそれなりに高い
・発動率は,暴走魔力以上 アイシラ未満といったところか

 こちらの発動率はそれなりに高く,
 ちゃんと発動している印象がありました。

 ただし,暴走魔力と違い,
 発動中に延長はしないように思えました。

 それについての検証は行っていないので,
 あくまで計測中での体感です。

 発動率のことも含めて,今後さらに検証を続ける予定です。







サバイバルセットはどう使っていくべきか

・相手属性や人数に合わせて適材適所で使うべき

・安定して火力が出せるのはヘルインフェルノやウォーターボール
・ChLはランダム要素の強い魔法のため,安定する場所を選んで使ったほうがいい

・ChLは,倒さなくていい邪魔な敵が少なく,HPが多い相手が力を発揮しやすい
・ChLは,属性相性や射程,デリュージ妨害など,HIやWBが使いづらい場面で

・ヘルインフェルノやウォーターボールは単体攻撃
・チェーンライトニングは1体ずつだが,複数体にダメージが渡る
・倒すべき相手が密集していると 効率良くダメージが与えられる




サバイバルセットは テクニックや装備の敷居が低い

・HIやWBの火力を出すにはASPD装備が必要になる
 → ChLはASPDが無くても火力を出しやすい

 ヘルインフェルノやウォーターボールの最大火力を狙うには,
 高いASPDが必要になり,装備で補強する必要があります。

 チェーンライトニングも,
 元々ディレイはゼロ,セットによってCTも無しになるため,
 できればASPDがあったほうが良い可能性がありますが,
 他魔法ほど連打をするわけではないので
 影響があったとしても少ないはずです。
 


・ウォーターボールは扱いが難しく,使いこなすのに練習が必要
 → ChLはタゲ固定もできて,外しても連鎖で当たる可能性もある
   WBより使いやすい闇/毒対策の魔法にできる

 [ 足元にデリュージ → 敵にターゲットを向けてWB → (繰り返し) ]
 となるため,カーソルが自分の足元と敵の間を往復します。

 ボスにカーソルを固定し続けることができず,
 デリュージのたびにターゲッティングをやり直すこととなります。

 取り巻きの多い相手では,ターゲッティングが大変で
 それなりのテクニックが必要となります。


 チェーンライトニングはそういったテクニックが必要なくなるので,
 ウォーターボールが苦手だった方は
 代わりに闇/毒対策の魔法として使うのも手ですね。


 
・ヘルインフェルノで火力を出すには連打力が必要になる
 → ChLならHIほどの連打は必要ない
   連打が苦手な方も火力を出しやすい

 HIは連打力がそのまま火力に繋がってしまうので,
 連打が苦手な方は不利となります。
 
 チェーンライトニングもある程度連打は必要ですが,
 ヘルインフェルノほど連打力が影響するわけではないので
 苦手な方でも火力を出しやすいです。



・現在のウォーロックのスタイルが苦手な方でも活躍しやすい
 → お手軽にある程度の活躍が見込める装備
・極めるのであれば,適材適所でHIやWBも合わせて使い分けたほうが強い









 
 今回の検証ではまだまだ不確定要素も多いので,
 考察や検証は 引き続き続ける予定です。

 ダンジョンで実際に使った場合の使用体感や
 具体的にどのダンジョンで有効に使えるか,
 さらなる検証などを追加して
 また記事を書こうと思います。





関連記事


御覧いただきありがとうございます。記事が参考になったと感じられた方は,クリックしていただけると幸いです。

御覧いただきありがとうございます。
記事が参考になったと感じられた方は,
クリック していただけると幸いです。

Category - ウォーロック 装備考察

ポロロッカシューズ サバイバルシューズ

4 Comments

鯖靴高く売りたいニキ  

No title

鯖セットは人型MD(セイレン、イーブル、ビジョウ)あたりをソロで行くのには神器クラスですが
最大火力やPT視点だと微妙かもしれませんね
鯖肩、ダクハンを組み合わせた時の人耐性はえげつないです

2017/10/31 (Tue) 18:09 | REPLY |   

-  

No title

装備・ステなどの詳細が分かるとありがたいです。

2017/11/02 (Thu) 12:52 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: No title

> 鯖靴高く売りたいニキ 様

 実際にボス相手の撃破時間を測定したところ,
 今回記載した結果通りではないこともあったため,
 まだまだ不確定な要素が多そうです。

 耐性面の優秀さは目を見張るものがありますよね。
 ソロでのMD回しはかなり楽になりそうですね。

 ちなみに,当ブログは,
 パーティープレイをコンセプトとしているため,
 今回の記事の内容も「パーティープレイでの使用」
 という観点で統一させていただきました。

2017/11/03 (Fri) 18:48 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: No title

> (名無し) 様



【今回の検証の装備】

・+7 ダークハンド + アイシラC
・グラス + (ガイアスC)
・暴徒のスカーフ
・+9 覚醒 <暴走> + (バースリーC)

・+10 サバイバルロッド <Matk4%><Matk3%>
or +9 シャドウスタッフ
or +4 ディーヴァダガー 無形+60%
(特化50%ディーヴァ杖に相当)

・+7 生ける炎の盾 + (アリスC)
・+8 グウィバーの皮 + チェネレC

・+7 サバイバルシューズ
or +7 俊敏時空 <速度2>×2 + 真化キマC

・城下町の地図 <名誉迅速><死体力><安息体力>
・魔術師のグローブ + T_W_O C



【キャラクターのステータス】

・Base Lv : 171
・Job Lv : 60

・Int : 120
・Dex : 120
・Agi : 90
・Luk : 1



【装備選びの理由】

・時間の差を分かりやすくするため,防具は威力上昇を抑えた装備に
・頭装備はライオットやダクハン,セリーヌをつける想定でサークレットは未使用
・肩は属性耐性をとる想定で,マントは未使用

・武器は特化カード適用なしで計測
・どの武器も上昇の余地を10~20%残した状態で統一



【注意点】

・ヘルインフェルノの威力は,
 連打速度やPC環境の影響も大きいため,
 結果は人によって大きく変わってくると思います。

・実際のボス相手に測定したところ,
 今回の内容とは異なる結果になることもあったため,
 まだ不確定要素が多くあります。

・検証結果が出次第,
 順次記事を更新していく予定です。

2017/11/03 (Fri) 18:56 | REPLY |   

Post a comment

いつもたくさんの暖かいコメントを ありがとうございます。

コメントをいただく際は お手数ではございますが
私が判別出来るように お名前様をご入力いただけると幸いです