思考の果てに

Article page

【17.10.20 訂正】サバイバルシューズ 考察前 所感

171019_surv_top1.png


 サバイバルセットをさらに強化する新装備
 「サバイバルシューズ」が登場するようです。



【お読みになる前のご注意】
 
・記載内容はすべてウォーロック視点のみとなります
 
・すべての方に当てはまる内容ではございません
 私のプレイスタイルに基づいた主観が入っています。
 
・対人視点の考察はいたしません
 筆者は対人の経験がほとんどなく,
 内容が中途半端になってしまう恐れがあるため
 対人視点の考察は一切いたしません。







前置き


威力比較は 計算機実装と検証待ち

 今回 サバイバルシューズで追加される効果には,
 アースストレインとチェーンライトニングの
 「クールタイム短縮」があります。

 しかし,クールタイム短縮のダメージ計算は
 計算機の拡張機能でも対応できません。

 装備自体が計算機に正式対応されるまで,
 どの程度の秒間ダメージになるかわからないため,
 威力比較は現段階では難しいです。
 (さすがに手動での計算は時間がかかりすぎます)


 その代わり,
 サバイバルシューズはNPCからレンタルが可能なため,
 今後 実際に撃破時間を計ってみようと思います。


 以上のことから,
 今回は効果所感のみの記事とさせていただきます
 




シューズ実装前のサバイバルセットは微妙だった

 ※あくまで筆者の主観です


・セットをすべて揃えるほどの利点があまりなかった

【ロッド/オーブ】
 チェーンやストレインのダメージ上昇量が
 特化ディーヴァ杖とあまり変わらず,
 さらに暴徒のスカーフが使用不可に。

【サークレット】
 強化魔法が風と地に制限される割に
 威力上昇量があまり高くありませんでした。

【マント】
 属性耐性が多く求められる現在では使いどころが少なく,
 ダメージ上昇量も オプションの良いディーヴァ肩と 
 そこまで大きな差はありませんでした。



・唯一使えたのは「ロッド+オーブ」のユピテル
・ただし,最適な使いどころは限定されていた

 ASPDを上げた状態でのユピテルサンダーは
 それなりに強力でした。

 水属性Lv3・Lv4 に対しては
 影杖ヘルインフェルノを上回ります。

 闇属性や毒属性に対しては
 ASPD193時のポロロッカセットのWBに負けるものの,
 デリュージが妨害されやすい相手には
 有効に使うことができました。


 ただし,実際にそれにマッチングする場所は
 ほとんどありません。

 「買ったのにほとんど使わなかった」という方も
 いらっしゃったのではないでしょうか。

 





サバイバルシューズ[S0] 効果まとめ


サバイバルシューズ[S0] 単体

【未精錬】
・Mdef +15
・MaxHP +3% , MaxSP +3%
・魔法攻撃で与えるダメージ +2%
・人間形モンスターから受けるダメージ -5%
・風/地 属性魔法攻撃で与えるダメージ +2%

【精錬+5の合計値
・Mdef +15
・MaxHP +10% , MaxSP +10%
・魔法攻撃で与えるダメージ +5%
・人間形モンスターから受けるダメージ -5%
・風/地 属性魔法攻撃で与えるダメージ +5%

【精錬+7の合計値
・Mdef +15
・MaxHP +20% , MaxSP +20%
・魔法攻撃で与えるダメージ +10%
・人間形モンスターから受けるダメージ -5%
・風/地 属性魔法攻撃で与えるダメージ +10%

―――――――――――――

 系列 : 靴
 防御 : 15
 重量 : 50
 要求レベル : 100
 装備 : 全ての職業





セット効果

 テキストだとかなり長くなってしまうため,
 表にまとめました。

171019_surv_graf1.png
※クリックで拡大







効果所感


サバイバルロッドとのセット

・アースストレインLv1~4のクールタイムゼロ
 → Lv5の場合 クールタイム0.6秒が残る
・チェーンライトニング全Lvのクールタイムゼロ

 アースストレインとチェーンライトニングは,
 単発火力はそれなりに出るのに,
 クールタイムのせいで連打ができませんでした。

 クールタイムがゼロになることで連打力が上がるため,
 メイン火力として使えるようになる可能性もあります。



・全種族のMdef削減

 ポロロッカセットや影杖のように,
 魔術師のグローブがあればMdef削減セットCが不要となり,
 Mdef半減セットCがあれば アクセが自由になります。

 サバイバルセットがより使いやすくなった印象です。



・特に強力な効果は +10サバイバルロッド[S1] とのセット効果
・+10サバイバルロッド[S1] を用意するところがスタートか

 従来のサバイバルセットも +10鯖杖ありきだったので,
 そこは今まで通りとも言えますね。


 鯖杖にはInt上昇のものとDex上昇のものがありますが,
 どちらもセット効果は同様に得ることが可能です。

 ただし,スロット無しのサバイバルロッドでは
 セット効果が得られないので注意が必要です。

 【サバイバルロッド[S1]の入手方法】
  Dex型 : キエル(MVP),エントヴァイエン,
      SE S級 (Dex鯖杖[S0]+オリ5+鋼鉄10+2,000,000Zeny)
  Int型 : SE A級 (Int鯖杖[S0]+オリ5+鋼鉄10+500,000Zeny)





他 全般

・ポロロッカシューズや悪魔崇拝者の靴の属性違い版
 
 人種族耐性がついている分,
 耐久面はサバイバルシューズのほうが上になりますね。




・靴が埋まるため,暴走魔力の発動率が落ちてしまう
・その代わり,確率発動でChLの威力+100%の効果

 鎧で暴走魔力をつければ発動は可能ですが,
 暴走魔力を靴と併用して装備するのに比べて
 確率が下がってしまいます。

 この点はポロロッカシューズと同じとなります。

 
 確率発動ではありますが,
 チェーンライトニングの威力が大きくアップする効果があるので
 それで どの程度補えるのかが気になるところですね。

 ファイアーウォールの足元置きで十分に発動できるのであれば
 使い勝手はよさそうですが,
 確率次第といったところでしょうか。

 場合によっては,機動に乗るまで威力が伸びない
 スロースタートタイプにはなりそうです。




・人種族特化,人種族耐性

 人種族耐性は,盾C無しでも最高35%まで上げることが可能です。

 【セット内の人種族特化/耐性】
  上段&下段 : 人種族被ダメ -4~12%
  下段&肩  : 人種族被ダメ -1~ 5%
  下段&靴  : 人種族被ダメ -3%
  武器&靴  : 人種族魔法ダメ +0~20%,人種族被ダメ -0~10%
  靴    : 人種族被ダメ -5%

  全合計   : 人種族魔法ダメ +0~20%,人種族被ダメ -13~35%

 【17.10.20 訂正】
  下段&肩の計算を「精錬値1ごと」にと
  勘違いして計上しておりましたので,訂正いたしました。
  twitter でのご指摘ありがとうございました。




・サークレットやマントに威力上昇の効果

 サバイバルシューズのセット効果は,
 サバイバルセットの中でも特に微妙だった,
 サークレットやマントの威力上昇がありますね。

 マントには風と地に多少の耐性もついています。


 【サバイバルサークレットのセット効果】※威力面のみ
  サクレ  : Int +3~13,魔法攻撃 +4%
  オーブ  : 風/地魔法 +20%,詠唱 -6~18%
  ロッド  : Matk +50~100,魔法命中時一定確率5秒 詠唱 -50%
  シューズ : 魔法攻撃 +10%,風/地魔法 +0~20%

  全合計  : 魔法攻撃 +14%風/地魔法 +20~40%
       Int +3~13,Matk +50~100
       詠唱 -6~18%,魔法命中時一定確率5秒 詠唱 -50%


 【サバイバルマントのセット効果】※威力面のみ
  オーブ     : 固定詠唱 -50%
  ロッド     : 魔法攻撃 +0~5% 
  オーブ&ロッド : 魔法攻撃 +3〜5%
  シューズ    : 魔法攻撃 +10%

  全合計     : 魔法攻撃 +13~20%,固定詠唱 -50%

 【17.10.20 訂正】
  オーブ&ロッドの計算を「精錬値1ごと」にと
  勘違いして計上しておりましたので,訂正いたしました。







問題点や疑問点

アースストレインとチェーンライトニングはクセが強い

 かなりクセの強い魔法のため,
 思っているようには使えないこともあります。


・EStは射程が短いので,相手に接近する必要がある
 → 耐性装備が要る場面が多い


・EStはディレイが上書き延長されるバグがある
 → ブラギ無しならディレイカット装備が必要


・ChLは攻撃対象がどんどん移っていってしまう
 → 取り巻きが多い相手には 本体にダメージが与えづらくなる
   生体獄では あとから合流した反射状態のモンスターを巻き込むことも


・ChLは複数体に攻撃できるが,1匹ずつ順番に攻撃される
・ChLは1発ごとの発生ペースが遅い
 → 思っているよりも敵を倒すスピードが遅くなる可能性もある
   ダメージの波になるまでに時間がかかる





他の装備との比較

・影杖ヘルインフェルノの威力を越えるのか
 → 計算機待ち

 様々な装備が増えた現在でも,
 単体に対して最も火力を出しやすいのは
 ほとんどの属性で「影杖ヘルインフェルノ」です。

 もし,様々な属性相手でも,
 影杖ヘルインフェルノを越える火力が出るのであれば,
 サバイバルセットを主軸に考えることも必要になりますね。




・ヘルインフェルノの通りづらい属性に対しての火力はどうなのか
 → ポロロッカWBを越えるのか
   NPCレンタルでの実検証待ち

 闇,毒属性に対する魔法は,
 ブラギなしの環境で単体相手であれば
 ポロロッカシューズセットのウォーターボールが
 最も強力でした。

 ただし,デリュージを張る手間や,
 デリュージを妨害されない位置取り (ブラギやLPを避ける) が
 必要になるのがネックでした。

 サバイバルセットならその問題点もなくなるので
 より簡単に扱うことができそうですね


 ポロロッカセットは,
 杖と靴の付け替えのみで済む利点があります。

 同じ条件下で考えるのであれば,
 サバイバルシューズとサバイバルロッドのセットのみで
 WBの威力を上回る必要があります

【ウォーターボールの火力は計算機では測れない】
 
 計算機では,
 常にWB後の硬直時間がカウントされているため,
 高ASPDでできる「WB中にデリュージ貼り直し→WB重ね撃ち」 の
 ダメージを再現できません。
  
 さらに,デリュージを張り直す時間も含められません。
 
 比較するには,実際に撃破時間を実検証する必要があります。




・対雑魚モンスターを一掃できるスキルとして使えるのか
 → EStやChLが SoE連打を越えるのか
   計算機と実検証待ち

 ETや夢幻に出てくる大量の雑魚モンスターを
 一気に倒す手段になりうるのではないかと期待しています。


 私は現在,ソウルエクスパンション連打
 フロストミスティジャックフロストを主としています。

 上記の魔法には,範囲の広さや射程の取りやすさ,
 ダメージの均等さなどの利点もあるため,
 「その利点を捨てるほど強いのか」という観点が必要になります。


 ChLが1体ずつ順番に攻撃がされることを考えると,
 モンスターの数も考慮に入れる必要が出てきそうで
 必要な検証がより複雑になってきます。

 



装備縛り

・セット5箇所をすべてを装備してまで使うべき場所はあるのか

 風/地魔法強化,無属性耐性,風/地属性耐性,人種族特化/耐性
 といった特徴から使いどころを挙げてみると....

 ハートハンター軍事基地空中要塞フェンリルとサラ
 魔法大会最後の部屋(T_W_O) あたりでしょうか。

 闇や毒属性相手で使えそうなことを考慮すると,
 GHMDノーマルホラーおもちゃ工場フェイスワーム(雑魚戦のみ) です。

 
 意外と該当箇所は多いようにも思えます。

 ただし,
 わざわざ高精錬のサークレットとマントを用意してまで
 気合いを入れていくべき場所であるか
 人によって意見が別れることになりそうですね。
 (私は正直「そこまでせんでも・・・」と思っています)

【除外した場所】
 
・過去の儀式の間 (ビジョウ) 
 必要な属性耐性が多いので,
 付けるセットの箇所を減らす必要があります。
 
・マラン地下排水路 (ソロ)
 風耐性の他にも,
 数値の高い水属性耐性をとる必要があるため,
 付けるセットを箇所を減らして使う必要があると
 判断しました。
 
・戦死者の墓 (生体獄)
 EStは射程の関係で使いづらく,
 ChLは後で合流した反射状態のモンスターを
 巻き込む危険があり,鯖セット自体が使いづらいと思います。
 
・夢幻の迷宮 / エンドレスタワー
 後衛側にも様々な耐性装備が必要になるため,
 付けるセットの箇所を減らす必要があります。


 検証と計算はこれからとなりますが,
 メイン装備としてサバイバルセットを主軸とできるほど
 従来の魔法を凌駕できるのであれば
 5箇所装備を考えてもいいかもしれません




・付け替えで使うなら,5箇所も替えている時間はない

 5箇所をクリックで付け替えるにはかなり手間で,
 ショートカットに入れるにも,
 WLのスキル量を考えるとかなり厳しいと思います。

 ちなみに,暴徒のスカーフ使用者は,
 威力を考えると中段まで付け替える必要があるため,
 実際は6ヶ所の付け替えとなってしまいます。
 
 

 
・装備箇所を減らして使うのが現実的か
・2~3ヶ所のセットでどの程度実用できるかで価値が変わりそう

 付け替えの点,場合によってはディレイカットや耐性が要る点など
 すべてをひっくるめて考えると
 少ないセット箇所で使っていくのが最適であると考えています。

 その少ないセット箇所でどの程度強くなるかが,
 サバイバルシューズの本当の価値になるのではないでしょうか。







考察前 所感 まとめ

171019_surv_top2.png

・+10サバイバルロッド[S1] があることが大前提


・ポロロッカセットのように使える,状況によっては上位として使える期待がある
 → 結論は検証中


・EStやChLはクセが強く,思ったように使えない可能性も高い
 EStのディレイ延長バグ,ChLの取り巻きへの移りなど


・セット5箇所すべてを揃える価値があるかは怪しい
・頭はディレイカット,肩を属性耐性にしたほうが良い場面もありそう
 → メイン装備として使うほどの威力になるか次第,計算機待ち


・2~3箇所でどの程度実用が可能かが鍵になる
 → 結論は検証中




【検証中,または計算機待ち】

・影杖ヘルインフェルノの威力を越えるのか
・ポロロッカWBを越えるのか
・EStやChLが SoE連打を越えるのか
・取り巻きの多いボスにも実用できるのか
・セット装備2~3箇所でどの程度実用可能なのか
・メイン装備として使えるほど強くなるのか










 不確定な要素も多く,
 まだまだこれから考えていく必要がある装備ですね。

 私としてはかなり気になる装備なので,
 これから検証を続けていく予定です。


 


関連記事


御覧いただきありがとうございます。記事が参考になったと感じられた方は,クリックしていただけると幸いです。

御覧いただきありがとうございます。
記事が参考になったと感じられた方は,
クリック していただけると幸いです。

Category - ウォーロック 装備考察

サバイバルシューズ

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/10/20 (Fri) 02:47 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: (非公開)

> (非公開) 様

 いつもありがとうございます。
 そして早速の情報ありがとうございます。



 私も空いた時間でお試し道場こもり,
 検証を続けておりますが,
 チェーンライトニングのダメージ上昇と連打力は
 目を見張るものがありますね。



 チェーンライトニングのダメージ +100% は
 それなりに発動率があるように思えました。

 体感で アイシラCの発動率と同じくらい,
 暴走魔力1つ装備時の「倍」程度だったと思います。



 ストレインは,エフェクトの重さもそうですが,
 クールタイムがなくてもディレイが残ってしまったり,
 記事内にも記述のとおり
 「ディレイが再判定されるバグ」もあるため,
 思ったより連打ができなくなってしまうと思います。

 

 ユピテルのほうが撃破時間が速く感じたのは,
 もしかしたら,チェーンライトニングの攻撃が
 取り巻きに流れてしまっているせいかもしれませんね。
 
 取り巻きに流れるのを含めた火力については
 まだ私のほうで検証が済んでいないので,
 なんとも言えませんが。



 また新しい楽しみ方ができる,
 そしてASPDを上げないWLでも活躍の幅が広がる
 良い装備になりそうですね。

2017/10/21 (Sat) 02:05 | REPLY |   

Post a comment

いつもたくさんの暖かいコメントを ありがとうございます。

コメントをいただく際は お手数ではございますが
私が判別出来るように お名前様をご入力いただけると幸いです