思考の果てに

Article page

【9/15訂正】【ラグ缶2017.10】 エクセリオンシールド WL視点考察

170914_ragcan_top.png


 ライオットチップのセットとなるエクセリオンシリーズに
 新たに「盾」が追加されました。

 早速考察していきます。




※内容はウォーロック視点のみとなります。







効果


効果記述

【エクセリオンシールド [1]】
 
170913_ragcan_shield.png
 
・Mdef +5
―――――――――――――
・MaxHP +5%
・MaxSP +5%
―――――――――――――
BaseLv130以上の時、追加で
・MaxHP +5%
・MaxSP +5%
―――――――――――――
[エクセリオンシールド]の精錬値3ごとに
・Atk +30
・Matk +30
―――――――――――――
 系列 : 盾
 防御 : 95
 重量 : 120
 要求レベル : 100
 装備 : 全ての職業



効果を整理

【精錬値+6 / BaseLv130以上】
・Atk +60
・Matk +60
・Mdef +5
・MaxHP +10%
・MaxSP +10%
 + 設計図3枚の効果

【精錬値+9 / BaseLv130以上】
・Atk +90
・Matk +90
・Mdef +5
・MaxHP +10%
・MaxSP +10%
 + 設計図3枚の効果



エンチャント可能な設計図

170913_ragcan_graf1.png
※クリックで拡大


【属性耐性系】 同じ種類の重複可能数 1
 <R-Fire> <R-Water> <R-Wind> <R-Ground>

【HP/SP回復系】 同じ種類の重複可能数 3
 <C-Life> <C-Soul> <C-HPR> <C-SPR>

【能力上昇系】 同じ種類の重複可能数 3
 <A-Atk> <A-Matk> <A-MaxHP> <A-MaxSP>

【能力上昇他】 同じ種類の重複可能数 1
 <A-Hit> <A-Flee>


【不可】

 <E-Fire> <E-Water> <E-Wind> <E-Ground>
 <A-Frozen> <A-Str> <A-Int>
 <A-Def> <A-Avoid> <A-ASPD>
 <A-Tolerance> <A-Mdef>
 <S-Atk> <S-Matk> <S-Avoid>
 <S-MaxHP> <S-Quick> <S-Cri>







効果考察

・カードが挿せる
・メデューサやアリス,ホドレムリン,フレームスカルが使える


 金剛石の盾では使えなかった,
 広い耐性や状態異常耐性が付けられます。



・重量がやや重めの「120」
・WLが複数持ち歩くのはきつそう


 ASPD属性盾(重量50) 2つ分よりも重くなります。





耐久面

・セット効果無しでもMaxHP10%上昇

 従来の装備では,
 無形なる地の盾 と 輝く偏四角多面体 のセットで
 10%のHP上昇が得られました。

 エクセリオンシールドなら
 単品で同様の効果を得ることが可能です。



・<A-Def>や<A-Avoid>がエンチャ不可

 盾だけでは
 物理攻撃に対する耐久を得ることはできません。

 上記2つが欲しい場合は,
 鎧,肩,靴につける必要が出てきます。



・<A-MaxHP>がエンチャント可能

 MaxHPのセットは使えるので,
 物理攻撃を食らわない後衛の耐久を稼ぐのは可能ですね。





属性耐性数値

・金剛石やV盾より5%高い属性耐性数値
 
 属性耐性を100%にするのに,
 「あと5%足りない」といった場面がたまにありますが,
 それを詰めることが可能です。



・1つの盾で複数属性の耐性をつけられる

 「火+風」や「水+地」など,
 1つの盾で2種類の属性耐性を得ることが可能です。

 3つの種類の属性耐性を付けることも可能ですが,
 その場合はライオットチップのセット効果がないと
 耐性増加と耐性減少で打ち消し合ってしまいます。



・V盾や金剛石,ASPD属性盾と違い,弱点属性ができてしまう

 夢幻の迷宮のように,
 様々な属性の耐性が必要な場所や,
 1つで汎用的に使う用途には向かないです。





威力面

・精錬値によるMatk上昇
・<A-Matk>でさらに威力を上げられる


 高精錬であれば,
 従来の盾を上回る威力上昇が得られそうです。

 ※他装備との威力比較は後述



・<A-ASPD>がエンチャント不可

 生ける炎の盾などのASPD属性盾とは
 性質が変わってきますね。



・ディレイカットや詠唱カット効果が得られない

 盾でそれを得たい場合は,
 堕天使の盾 や 金剛石の盾 を選ぶ必要があります。







威力比較

170914_ragcan_vs.png

 従来の威力上昇効果のある盾との
 威力比較をします。



【威力比較のご注意】
・必ずご自身の環境で計算を行なってください
 装備の構成によって,威力差が変化したり,
 強弱が逆転することがございます。
 
【今回の威力比較の内容】
・ルキフル(暫定)に対しての
 ヘルインフェルノの秒間ダメージと撃破時間
・BaseLv170で, INT120 / DEX120 / AGI90 / VIT75 のステ型
・どの盾でもASPD193が可能な状態
・ABからもらえる支援は一通り有り,料理は無し
・割合の記載はソロモンの魔導書を基準に





威力比較一覧

【17.09.15 訂正】
 <A-Matk>×3枚の加算数値が間違っていたため,
 再計算して訂正いたしました。
 コメントでのご指摘ありがとうございます。

170915_ragcan_graf3-2.png
※クリックで拡大


・+6でも 既存のほとんどの装備を上回る
・大きく威力を上げるには+9を目指す必要がある


 ただし,+9のような高精錬にしない限りは
 2~4%程度の違いなので
 無理して更新するほどではないと思います。



・暴走魔力発動時は 金剛石+ニーヴ とあまり変わらない



・他の盾のメリットも考慮に入れた上で選ぶ必要がある


 ソロモンの魔導書は精錬が不要,
 金剛石はASPD上昇やディレイ削減,詠唱削減が可能,
 ルドのロールペーパーは重量が1 など
 威力以外のメリットも考慮したほうがいいです。

 特に,金剛石の盾は
 ディレイ削減や詠唱削減エンチャがあると
 それが影響する魔法が対象の場合は
 エクセリオンシールドよりも有利になる可能性が高いです。







組み合わせと使い所

・試練の迷宮ではソロ/PT共に使いづらい
・ETのソロやWL壁では使いづらい


 ソロや壁のように,距離で攻撃を避けられない場面では
 耐性にも様々なバリエーションが必要になります。

 試練の迷宮ではタゲが流れる場面も多いので
 後衛も様々な耐性が必要になります。


 3~4つのエクセリオン盾を用意しても,
 重量に問題があります。

 <R-Fire>+<R-Wind> の盾と
 <R-Water>+<R-Ground> の盾の「計2つ」にすれば
 一見汎用として使いやすいように見えます。


 ただし,弱点がついてしまうことを考えると
 試練の迷宮やETの前衛では使用が難しいです。
 
 後衛にタゲが流れやすいプロンテラ地下監獄は
 火+水の耐性が必要なので 弱点が不利に。

 スカラバガーデンでは 水+地 をつけると
 風弱点になるので スイッチ後のTSが怖くなります。


 属性耐性は肩で取るようにするか,
 盾で補助をするなら 軽量で弱点のつかない
 ASPD属性やV盾を数種を用意するほうがいいと思います。




・弱点が不利にならない狩場で,局所的に使うほうがいい

 金剛石の盾と同じく,
 狩場ごとに特化として作るほうが使いやすいと思います。





組み合わせを考える

・<R-Fire><R-Wind> + <C-SPR>
 エンドレスタワー後衛,T_W_O,サラの幻影 用


170914_ragcan_et.png

 水魔法と地魔法は,
 距離をとっていれば当たりません。

 ETのモンスターならタゲがそんなに流れないので,
 後衛であれば弱点が不利になることはありません。

 距離で避けることができないメテオの対策や
 範囲が広いせいで食らいやすいLOVの対策に
 火と風の耐性をつけました。


 T_W_Oやサラの幻影相手の
 属性耐性にもマッチングします。





・<R-Fire><A-MaxHP> + <C-SPR>

 ライオットチップセットの後衛耐久用


170914_ragcan_fire.png

 後衛でもライオットチップセットを使う人向け。

 距離を取っていても食らってしまう火属性の耐性と
 何かあったときにも即死しないHPアップをメインに。
 
 エンドレスタワーの後衛用に使っても良さそうですね。



 
・<R-Fire><R-Wind> + <C-Life>
 時計ナイトメア4F ソロ用

170914_ragcan_ctower.png

 火と風のレジポを組み合わせれば,
 それぞれ50%ずつの耐性になるので,
 他部位の属性耐性を減らせます。

 威力アップや詠唱やディレイの削減に回せますね。
 


 
・<R-Ground> + <A-Matk><A-Matk>
・<R-Wind><R-Ground> + <A-Matk>

 スカラバガーデン用

170914_ragcan_garden.png

 盾と他部位で地属性耐性をとって
 肩を威力装備に回す目的の組み合わせ。


 サンダーストーム対策に風耐性が欲しい場合は,
 <R-Wind>のみだと 地属性弱点が出来てしまうため,
 <R-Ground>をさらに加えて弱点を打ち消す必要があります。

 「名状しがたき風の盾」よりも威力が稼げて,
 「金剛石の盾」よりも属性耐性が5%高くなります。




・<R-Water><R-Ground> + <C-SPR>

 過去の儀式の間 (ビジョウ) ソロ用

170914_ragcan_bijou.png

 肩の属性耐性とレジポを組み合わせれば,
 水耐性100% + 地耐性100% が楽にとれます。

 抱えながら戦うことを考えると,
 DefやMaxHPは靴で取るだろうという想定です。




・<A-Matk><A-Matk><A-Matk>
 後衛に耐性が不要なボス戦,LP有りのボス戦


170914_ragcan_ruki.png

 例えば,今回の威力比較にも使った「ルキフル」戦では
 距離をとれば後衛に耐性は必要ないので,
 威力上昇に特化した盾が活かせます。

 ASPD193と無詠唱が達成出来るなら,
 あとは単発威力を上げるのみになるので
 エクセリオンシールドが有利です。

 ただし,盾でASPDと詠唱を上げる必要があるなら
 他の盾の選択肢も出てくるので
 他部位の組み合わせ次第となります。







まとめ

170914_ragcan_top2.png


・HP/SPアップとMatk上昇を備えた盾


・ライオットチップ無しでも十分に使える性能


・汎用には向かず,弱点属性が不利にならない場所で局所的に使うほうがいい

・<Def>がつけられないので,ライオットで鎧/肩/靴を自由にできるのは後衛のみ


・高精錬なら単発火力は既存の盾を上回るが,大きく差をつけるなら+9が必要

・詠唱やディレイの詠唱が影響する魔法の場合,他の盾のほうが有利になることも



こんな用途におすすめ

・後衛でもライオットチップを中心に使う
・時計ナイトメア4Fやビジョウなど,複数属性の耐性が欲しいとき
・今より少しでも単発威力を上げたい
・耐性が不要な場面で,無詠唱/ASPD193でヘルインフェルノを連打する




こんな用途には向きません

・試練の迷宮やソロET用に汎用として
・後衛以外でライオットセットで鎧,肩,靴を自由にしたい
・詠唱やディレイの削減が秒間ダメに影響する魔法を使う










 エクセリオンシールドは
 私はあまり使うことは無さそうです。

 私のプレイ環境だと,
 単発火力よりもディレイカットやASPDを稼ぐほうが
 ダメージへの恩恵が大きいです。

 属性耐性は 生ける炎の盾や名状風盾で揃えており,
 ポロロッカシューズの際には
 ASPD属性盾でASPDを稼ぐ必要も出てきます。

 付け替えが多いことを考えても,
 重い盾は私好みではないですね。


 
 ルキフル戦用に <A-Matk>×3 の盾を作るくらいでしょうか。

 ヘルインフェルノの装備なら どの盾でもASPD193にでき,
 ほぼ常時暴走魔力で無詠唱になるので
 単発威力を上げられる盾が欲しくなります。

 ルキフル戦前なら倉庫で装備の入れ替えもできるので
 重さも気になりません。




関連記事


御覧いただきありがとうございます。記事が参考になったと感じられた方は,クリックしていただけると幸いです。

御覧いただきありがとうございます。
記事が参考になったと感じられた方は,
クリック していただけると幸いです。

Category - ウォーロック 装備考察

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/15 (Fri) 02:05 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: (非公開)

> (非公開) 様

 ご丁寧にありがとうございます。

 低精錬値のMatk上昇を加算し忘れていたようで,
 ご指摘の箇所に加えて,精錬値+6のMatk数値も
 訂正させていただきました。

 重ねてお礼申し上げます。
 ありがとうございました。

2017/09/15 (Fri) 03:54 | REPLY |   

Post a comment

いつもたくさんの暖かいコメントを ありがとうございます。

コメントをいただく際は お手数ではございますが
私が判別の出来る お名前様をご入力いただけると幸いです