思考の果てに

Article page

マヌクエンチャント (ブラディウムアクセ) 考察

160726_br_top.png



先日のアップデートで登場したマヌクエンチャント
多くの方が挑戦されているようですね。

エンチャントの完成品も
かなり高額で取引されているようです。

ウォーロックにとって魅力的なエンチャント内容もあるので,
今回はそれを考察してみようと思います。





【ご覧いただく前に】

 比較数値は装備や環境ごとに前後し,
 場合によっては強弱の逆転もあり得ます

 記事はあくまで参考として御覧いただき,
 必ずご自身の装備で計算を行うようにしてください

 すべての記述は私の主観であり,
 "正解" とは限りません。









■ エンチャント概要



□ エンチャントが可能なアクセサリー

160726_br_eq.png

・ブラディウムイヤリング [S1] (Int+1 / Dex+1 / Matk+5)
・ブラディウムリング [S1] (Str+1 / Vit+1 / Atk+5)
・ブラディウムブローチ[S1] (Agi+1 / Flee+4 / Agi120でCri+4)

 ウォーロックにとっては
 INT/DEX/Matk の上がる『ブラディウムイヤリング』が最適です。

 ただし,数値はあまり大きくないので
 ここは無理に重視しなくてもよさそうですね。





□ WLに有効なエンチャント内容

 ウォーロックに最適なエンチャント内容を抜粋。


【第1】失敗あり,破壊なし
 ・魔力 1 (Matk +6,詠唱 -4%)
 ・攻撃速度 1 (Aspd +4%)

【第2】エンチャ全消滅あり,破壊あり
 ・魔力 1 (Matk +6,詠唱 -4%)
 ・魔力 2 (Matk +9,詠唱 -6%)
 ・攻撃速度 1 (Aspd +4%)
 ・攻撃速度 2 (Aspd +6%)

【第3】必ず成功
 ・Matk 1%
 ・Matk 2%
 ・Matk 3%
 ・Matk 4%









■ 組み合わせ

 <魔力>と<攻撃速度>をどう組み合わせるかを考えます。




□ <魔力1> + <魔力2> + <Matk +○%>
 → Matk +15,+○% / 詠唱 -10%

160726_br_1.png



・大神官の手袋セット

160726_br_priest.png

 3段階目に ある程度の数値の<Matk> がつけば,
 ピアスよりも強くなります。

 さらに,カードを挿すこともできるので
 威力の底上げや若干のASPD上昇も可能です。



 大神官の手袋を使う方は
 ブラディウムアクセサリーに乗り換えてもいいと思います。

 大神官の手袋を装備するコンセプトは
 「火力を突き詰めたい」というところになると思うので,
 それを追求するには 必要なアイテムだと思います。


 ピアスと違って売買もできるため,入手も楽そうですね。





・単品としての使用

160726_br_acs.png

 単品として使用した場合で,他アクセとの比較をします。


160722_br_graf1.png
(※クリックで拡大して御覧ください)

 この威力なら単品としても使えそうです。

 <Matk+3%>以上で赤チップを超えるので,
 <Matk+2%>以下の場合は赤チップを使ったほうが強いです。

 ただし,<Matk+4%> がついても,
 他アクセとの差は,戦闘時間換算で たったの 0.2秒 程度

 正直,誤差程度になってしまうので,
 価格や労力に見合った装備更新であるか
 考える必要がありますね。







□ <攻撃速度1> + <攻撃速度2> + <Matk +○%>
 → Matk +○% / ASPD+10% / (+カード効果)

160726_br_2.png



・バコナワの守護タトゥーの上位

160726_br_bako2.png

 <攻撃速度>エンチャントをつければ,
 バコナワのタトゥーと同じ
 10%のASPD上昇を得ることができます。



 さらに,バコナワのタトゥーにはなかった
 カードスロットがあります。

 オウルヴァイカウントC でさらにASPDを上げたり,
 魔神の知力 や スカラバC で威力を上げることも可能ですね。



 他部位に耐性装備が必要な狩場も増え,
 アクセサリーでASPDを上げたい状況も増えています。

 ・ライオットチップやマジフェ/茨HBを装備するために
  オウルヴァイカウントのシルクハットが装備できない

 ・<R-Wind>や<R-Water>などを装備するために
  アンド肩やチェネレC挿しが装備できない
 
 ・ポロロッカシューズやエクセリオンレッグで
  俊敏速度靴が装備できない


 ・AGIが低めのステータス構成


 アクセ1か所で10% (C 込みで13%) のASPD上昇は
 かなり嬉しいですね。

 私もバコナワタトゥーのASPD10%上昇を
 重宝して使っていました。



 <Matk>エンチャントに成功すれば,
 その分の威力上昇も見込めます。

 まさに,魔法職のための装備ですね。



 これからASPD上昇アクセサリーを作る方は
 ブラディウムアクセサリーで作成するのをおすすめします。





・バコナワタトゥー所有者が乗り換えるべきか

 オウルヴァイカウントCを挿してASPD特化にした場合,
 計13%のASPD上昇となります。

 バコナワからさらに 3% の上昇は貴重ではありますが,
 場合によっては無駄になってしまうこともあります。


 ASPDは最終的に小数点の数値は切り捨てられてしまいます。

 つまり,ASPD 191.6 191.1
 最終的には 191 としての効果しか出ません。


 3% の上昇量では
 切り捨てられてしまう小数点分しか増えないこともあります。

 整数部分が増えるか,
 あらかじめ自身の装備で計算してから考えてください。



 ちなみに,私の場合
 ほとんど必要とする場面がありませんでした。

 ・メイン装備はアクセなしで193にしている

 ・ポロロッカ使用時,オウル帽を外したときに使うときは
  小数点分しかASPDが上昇しなかった

 ・ソロ装備の想定ではASPDが上がったが,
  そもそもソロの装備更新には注力していない


 ただし,将来的には
 その3%が必要になる機会が出てくるかもしれませんね。

 

 主に,<Matk>の上昇分をどう考えるかで,
 バコナワからの乗り換えの価値があるか別れる
と思います。
 
 <Matk+○%> によるダメージの変化は
 "<魔力>エンチャ時 単品使用" の比較表を
 参考にしていただければと思います。







□ <魔力1> + <攻撃速度2> + <Matk+○%>
  → Matk 6,○% / 詠唱 4% / ASPD 6% / (+C効果)

160726_br_3.png

 <Matk+○%> が高い数値がついて,
 オウルヴァイカウントCと組み合わせたらありかも。

 ASPDを9%上昇させつつも
 詠唱の削減と単発威力アップのできる
 万能なアクセサリーになりそうです。



 大神官の手袋セットを使う場合に,
 "靴に<魔力2><速度2>をつけて組み合わせたら"
 とも 考えました。

 しかし,それなら
 最初から靴に<速度2><速度2>をつけてしまえばいいので,
 わざわざ靴とアクセで混ぜて入れる利点はなさそうです。

 <魔力>を靴とアクセで混ぜてつけてしまうと
 時空靴を外した時にセットが成り立たなくなってしまいます。

 エクセリオンレッグやポロロッカシューズを使うときに
 大神官の手袋の効果が弱くなってしまいますね。







□ <攻撃速度1> + <魔力2> + <Matk+○%>
  → Matk 9,○% / 詠唱 6% / ASPD 4% / (+C効果)

160726_br_4.png

 こちらも万能なアクセサリーになりそうです。

 自身の装備で計算した上で,
 "ASPDの上昇数値があまり要らない" 場合は
 その分を詠唱に回すのも有効な手段だと思います。





 個人的には,
 魔力と速度を混ぜる組み合わせは好きではありません。

 最近は狩り場によって装備の変動が多く,
 "余剰なASPDを削った 計算通りの装備"
 が使える場所はあまり多くないと思います。

 <魔力1><速度2>の組み合わせにも同じことが言えますが,
 万能な装備ほど 逆に使う場所が限られる結果になることも。









■ Atk エンチャでは使い物にならない?


160726_br_atk.png

 <魔力1><魔力2>と組み合わせる場合は,
 3段階目に<Matk+○%>がつかないと
 ピアスにエンチャ可能なINTの分だけ弱くなってしまいます


 カードを挿せる分で考えると
 ブラディウムアクセのほうが有利ですが,
 少々もったいない気もしますね。



 <速度1><速度2>とオウルヴァイカウントCで
 ASPD特化の組み合わせにする場合は,
 <Matk>がつかなくても,ASPDは他装備よりも高くなるので
 それだけでも充分に価値があると思います


 ウォーロック以外の職で使い回すことも可能なので,
 必ずしも<Atk>エンチャントが悪いとは限りません









■ まとめ


・ウォーロックが使うなら
 『ブラディウムイヤリング』にエンチャントするのが最適だが,
 誤差程度なので 無理にこだわるほどではない




・大神官セットとして<魔力>付きを使う場合,
 ある程度の<Matk>がつけばピアスの上位として使える



・単品として使う場合は <Matk+3%>以上にしないと
 赤チップより弱くなってしまう可能性がある

・既存の威力上昇アクセとは誤差更新なので
 費用対効果を考える必要がある



・ASPD上昇アクセサリーとして
 バコナワのタトゥーの上位互換となる

・オウルヴァイカウントC のASPD+3%は
 場合によっては無駄になることもあるので
 あらかじめ計算しておくこと

・上記の理由で,
 バコナワのタトゥーから乗り換えても
 ASPD上昇の効果は変わらないこともある




・<魔力>と<速度>の複合の組み合わせもありだが,
 使いどころは意外と少なくなってしまうかもしれない




・3段階目に<Atk>エンチャントがついてしまっても
 ASPD特化の組み合わせなら そのまま使ってもよさそう。









月末に仕事が固まってしまい,
更新が遅くなってしまいました。

もう既にエンチャントを完成させてしまった方や
買ってしまった方も多いかと思いますが,
少しでも参考になれば幸いです。



今回の装備は,
WLにとっては非常に魅力的だと思います。



ただし,私のメイン装備は,
アクセ無しで ASPD193 になるように考えているので,
今回は 本気の装備更新とまでは いかないと思います。

最高数値である<Matk+4%> に
こだわってまでは やらないと思います。






関連記事


御覧いただきありがとうございます。記事が参考になったと感じられた方は,クリックしていただけると幸いです。

御覧いただきありがとうございます。
記事が参考になったと感じられた方は,
クリック していただけると幸いです。

Category - ウォーロック 装備考察

エンチャント ポロロッカシューズ

0 Comments

Post a comment

いつもたくさんの暖かいコメントを ありがとうございます。

コメントをいただく際は お手数ではございますが
私が判別の出来る お名前様をご入力いただけると幸いです