思考の果てに

Article page

【コメ返信】装備のMatk上昇値 ~後編~

160515_torapezo_top.png 



遅くなってしまいましたが,





今回はかなり文章が多くなってしまったため,
最後の「まとめ」まで
読み飛ばしていただいてもいいと思います。









■ 計算機は間違っていないのか?

160515_torapezo_ratorio.png 


 上昇量にここまで差があると,
 計算機の結果が合ってるのか疑ってしまいますよね。



 近いケースの他装備で計算をしてみます。

 +7トラペゾ靴と同じく
 "特定の属性に魔法ダメージ +15%" となる
 『+6 茨のヘアバンド』と,
 グレイヴベリットCのと同じく
 "(精錬値+6で) Matk +8%" となる
 『変異のシーラカンスC』の組み合わせで計算します。



【計算比較】
 
 ・+7 トラペゾ靴 Gベリ挿し
  Matk 322+714 → 靴のMatk上昇量 181
  Matk 283+505 → 靴のMatk上昇量 256
  差異 75
  
 ・+6 茨のヘアバンド 変異シーラカンス挿し
  Matk 323+714 → 頭のMatk上昇量 155 
  Matk 283+505 → 頭のMatk上昇量 229
  差異 74



 元のMatk数値さえ近づけてあげれば
 同じ結果になるため,
 トラペゾ靴の計算機の結果が
 おかしいというわけではなさそうです。
 


 "Matk +% の数値が高い架空の装備" で計算した場合も,
 同様に 元のMatk数値によって 差異が大きく変わりました。 







■ 計算式


160505_torapezo_gram.png 


 ぐらむ さんのブログ 【未来ではそんなに物が重いのか】 にて
 詳しく解説をいただきました。



 □ 記事リンク




 キマCような "Matk+数字" で増えるモノは
 INTで上がるのと同じ『Matkの補正』として足され,
 "Matk +%" で増えるものは その結果から計算されるようです。

 これなら確かに,
 状況によって大きく変わるのも不思議ではないですね。



 掛け算になるので,
 片方が小さすぎれば結果的に上昇量は減ってしまうことになります。

 バランスが大事ということになりますね。







■ それによってどんなことが起こるのか


 Matk数値は状況によって
 かなりの差異が生じてしまうことがわかりました。



 問題はその先ですね。

 "それによってどんなことが起こるのか"
 の具体例です。





□ トラペゾ靴 や 茨のヘアバンド が
  ものすごく強い装備になったり
  他とたいして変わらない装備にもなる

160515_torapezo_eq1-2.png 


 トラペゾ靴については 【前回の続き】 のとおりですが,
 他装備や支援の状況によって
 Matk差は 30~92 まで幅が出てしまいます

 これはもちろん,
 上記の装備に限ったことではありません。







□ グレイヴベリットC より
  真化キマC のほうが威力が高くなることもある

160515_torapezo_eq2-2.png 


 まさかと思い,
 現在の装備で計算をやり直してみたところ,
 過去の考察が一部覆る結果となりました。





160515_torapezo_graf.png 


 私の 【過去の考察】 では,
 "グレイヴベリットCのほうが威力は高い"
 という結論を出していました。

 これも "状況によって変化する" と
 結論を変えざるを得ません



 前回考察を行ったときも,
 もちろん様々なパターンで計算を行ってはおりましたが,
 その後の様々な装備更新でさらに状況が変わったようです。





 今回いくつかの計算をした限りは,
 "耐性装備" の割合が多く
 "オーディンの力Lv2" などの支援がない状態で,
 高精錬の "茨のヘアバンド" や "マジカルフェザー" を装備している状況では
 真化キマ』 のほうが強くなる可能性があるようです。

 ソロ狩りでは上記の状況になりやすいと思います。



 ただし,これも断定することはできません



 SP回復的な意味でも,
 真化キマCはソロ向けの装備といえるかもしれませんね。







■ 靴装備の比較表は使いものになるのか

160515_trapezo_blog.png 


 "他の靴との威力差をみること" には使えません。

 状況によって差が広がったり縮まったりしてしまい,
 時には逆転することもあると思います。
 


 "汎用として使う靴を探す目安" には使えると思います。

 汎用である以上は,
 状況によって有利不利が変わるのも
 前提として考える必要があるので,
 コンセプトとしてはズレないと思います。







■ まとめ


・装備のMatk上昇値は
 他の装備や支援によって大きく変わるため,
 状況に合わせて計算が必要。

・特化するなら単品ごとではなく
 組み合わせで考える必要が出てくる



・グレイヴベリットと真化キマも
 場合によっては 真化キマ のほうが威力が高くなることもある



・『靴装備のMatk換算値表』 は,
 状況によって数値が大きく変わり,
 時には逆転することも念頭に置いて
 参考程度にしてもらう必要がある









■ 今後の考察について


更新が大変遅くなりまして申し訳ございません。



「断定できる結果」を出そうと計算機を回し続け,
考察の泥沼にハマってしまっておりました。

その末に,
「断定しない」という結果も必要だろうと考え,
何かしらの目安を出す程度にとどめることになりました。



100%の結果を出そうと思っていた
考えそのものが甘かったようです。

目まぐるしく装備が実装されていく今のROでは,
何が正しいかを明記するのは不可能ですね。

どんな装備を持っているか,どんな装備を選ぶか,
個人によっての差も大きくなりました。



ただし,
"ざっくりとした何かしらの目安" や
"私の状況による意見" は
これからも書き続けていこうと思います。









■ Special Thanks


□ コメントをいただいた「ウォーロック」さん

 ご指摘のおかげで,
 今回の考察の穴に気づくことができました。

 考えを改める良いきっかけとなりました。

 私だけでは気付くことはできなかったので,
 本当にありがとうございます。




□ ぐらむさん

 私のために計算式のわかりやすい解説を書いていただき
 ありがとうございます。

 式を熟知するのは 私には難しく,
 計算機を回すまでが私の限界のようです。

 この手のお話は
 今後もぐらむさんに丸投げしたいです 笑





Twitter や コメント欄にて
励ましの言葉をくださった皆様も
ありがとうございます。




関連記事


御覧いただきありがとうございます。記事が参考になったと感じられた方は,クリックしていただけると幸いです。

御覧いただきありがとうございます。
記事が参考になったと感じられた方は,
クリック していただけると幸いです。

Category - ウォーロック 装備考察

トラペゾヘドロンシューズ 真化キマカード

10 Comments

トミー(うなぎ)  

1

今回の考察は特に興味深く拝見しました。

僕がまだギロチンクロスに慣れていなかった頃、「なぜギロチンクロスメインの皆はあんなに甲帝スカラバcを推すんだろう」と不思議に思って質問したことがあります。
たかがatk20がそんなに大きいのかと。

その時得られた回答が、「他装備の物理ダメ%upやEDPのおかげで、atk+20でも最終的には跳ね上がるんだよ」というものでした。
どうやらmatkにも同じことが言えそうなんですね。

2016/05/16 (Mon) 01:11 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/16 (Mon) 09:45 | REPLY |   

ぐらむ  

1

もともとリベリオン絡みでダメージ計算概論は準備してるものだったのでタイミングよかったんですよ。

別に思考氏のために書いたんじゃないんだからねっ。

でもね、あれはエクセルに張って計算するヤーツ
そしてあの画像はそれの使用方法!
計算方法って書かれちゃうとちょっと違う気がするw

それにしても、壮大な連載になりましたねw
精錬祭おわっちゃうしw

2016/05/16 (Mon) 16:16 | REPLY |   

枯れ果てたWLスキー  

とても素晴らしい記事と思います。
ありがとうございます。

結論付けられているように、
ダメージUP部分はバランスがすごく大事なのですが、
特定条件下ではもう少し考察できそうだったのでコメント致します。

さて、Matk換算値は状況によって変動し
Matk補正値とダメージ%UP装備では
場合により覆ることがある。(キマcとGベリットcですね)

これには他の装備が同条件の場合に
どちらを選べばよいかの指標を
計算式から求めることができます。

Matk計算の中心には以下の式があるのは
紹介されている通りです。

(左MATK+右MATK)×(Matk%倍率)×(種族ダメ%倍率)×(属性ダメ%倍率)
※AMP補正とMatkペナルティについては簡略化のためなしとします

これをMatk補正値を足した式と、ダメ%倍率を足した式の
恒等式を考えてみましょう。

Y:追加Matk補正値
X:追加ダメ%倍率(ここでは例としてMatk%倍率装備とします)

(左MATK+右MATK+Y)×(Matk%倍率)×(種族ダメ%倍率)×(属性ダメ%倍率)
=(左MATK+右MATK)×(Matk%倍率+X)×(種族ダメ%倍率)×(属性ダメ%倍率)

追加Matk補正値について解くと

Y=((左MATK+右MATK)/(Matk%倍率))× X

となります。

この式はキマにするのか、Gベリットにするのか
迷った場合に、自分の表示MatkとMatk%倍率から
どちらが良いか決定できると思います。

ステはInt120、靴の精錬値は+7とします。

1.左MATK+右MATK=322+714 の場合
 GベリットのMatk換算値 82.88

2.左MATK+右MATK=283+505 の場合
 GベリットのMatk換算値 63.04

ただし既にPoH*2と長い舌でMatk%倍率を上げていると
分母が1.14(14%増)となるためMatk換算値は期待した8%よりも
少なくなります。

1.の場合 82.88/1.14=72 (Int120のキマcはMatk+72なのでほぼ同等)
2.の場合 63.04/1.14=55 (キマcに軍配があがる)

このように計算式から計算機を回すことなく
ある程度の指標を出すこともできます。
折角良い考察なので計算式もじっくり解析してみてはいかがでしょうか。

長文失礼しました。良い考察ライフを。

2016/05/16 (Mon) 21:07 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: 1

> トミー さん

 ありがとうございます。


 なるほど,まさに通ずる話のようですね。

 そういえば昔,
 グレイヴクラウンマミーCがなかったころに
 スカラバガーデンの1確を目指していたときに,
 スカラバC1枚でけっこう威力が変わったのを覚えてます。 


 そのときは深く考えてなかったですが,
 それもこういうことだったんですね・・・。



> 今回の考察は特に興味深く拝見しました。
>
> 僕がまだギロチンクロスに慣れていなかった頃、「なぜギロチンクロスメインの皆はあんなに甲帝スカラバcを推すんだろう」と不思議に思って質問したことがあります。
> たかがatk20がそんなに大きいのかと。
>
> その時得られた回答が、「他装備の物理ダメ%upやEDPのおかげで、atk+20でも最終的には跳ね上がるんだよ」というものでした。
> どうやらmatkにも同じことが言えそうなんですね。

2016/05/17 (Tue) 16:58 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: 1

> (非公開) 様

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 グダグダになってしまいましたが,
 靴の記事はもう少し続けていきたいと思っております。

 精錬祭りも終わり,
 更新もいつもどおりのペースに戻していくので
 またぜひご覧いただければと思います

2016/05/17 (Tue) 17:03 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: 1

> ぐらむ さん

 ツンデレかいwww
 ご指摘の箇所訂正いたしました。

 たしかに,思ったより長くなってしまいましたね。
 思いついたのも遅かったです 笑

2016/05/17 (Tue) 17:08 | REPLY |   

774  

1

本日2016/05/17のメンテにて
ハイウィザードスキル「グラビテーションフィールド」において、攻撃命中時に一部オートスペルが発動しない場合がある不具合を修正いたしました。

これは、また発動するようになったのか公式に発動しないようになったのか、どちらになったのか誠に勝手ながら検証お願い致します。

2016/05/17 (Tue) 17:30 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: タイトルなし

> 枯れ果てたWLスキー さん

 ありがとうございます。

 私の力不足を感じる結果となってしまいましたが,
 そうおっしゃっていただけると救われます。



 詳細な解説までありがとうございます。
 これは素晴らしい・・・!

 なるほど,計算式を熟知していれば
 計算機なしでもここまで結論付けることができるんですね。

 そのまま記事にしてしまいたいくらいの情報ですが,
 私自身の言葉で解説できるほどには
 理解が進んでいない分野のため,
 今回は控えさせていただきます。



 計算式については,
 避けて通れない道であると思うので
 いつかはじっくりと向き合うときがきそうです。

 自信をもって記事にできる,
 なおかつ読者の方々が難しいと感じないような
 まとめができるようになるまでは
 かなりの時間を要しそうですね。

 枯れ果てたWLスキー さんを始めとした,
 熟知していらっしゃる方々からご助言をいただきながら
 少しずつ知識をつけていければと思います。

2016/05/17 (Tue) 18:04 | REPLY |   

思考の果てに  

Re: 1

> 774 様

 ご報告ありがとうございます。

 パッチ内容拝見していなかったため,
 ご報告で初めて存じ上げました。

 現在検証を進めております。
 近いうち記事にてご回答させていただきますので
 しばしお待ちいただければと思います。

 Twitterでの検証結果の速報です
 →https://twitter.com/clotho1006/status/732492196922806274



> 本日2016/05/17のメンテにて
> ハイウィザードスキル「グラビテーションフィールド」において、攻撃命中時に一部オートスペルが発動しない場合がある不具合を修正いたしました。
>
> これは、また発動するようになったのか公式に発動しないようになったのか、どちらになったのか誠に勝手ながら検証お願い致します。

2016/05/17 (Tue) 18:09 | REPLY |   

Post a comment

いつもたくさんの暖かいコメントを ありがとうございます。

コメントをいただく際は お手数ではございますが
私が判別の出来る お名前様をご入力いただけると幸いです