思考の果てに

Article page

<S-Quick>エクセリオンレッグ "理論値" 比較

160222_quick_top2.png



先日実装した エクセリオンレッグ にエンチャントできる新設計図に,
場合によってはとんでもない装備になりうる効果のものがありました。







 □ <S-Quick>

160222_quick_squick.png

  詠唱時間-10%。
  ―――――――――――――
  精錬値が7以上の時、追加で魔法攻撃命中時、
  一定確率で3秒間、詠唱時間-100%、スキルディレイ-100%。
  ―――――――――――――
  精錬値が8以上の時、発動率が上昇、効果時間が1秒延長。
  ―――――――――――――
  精錬値が9以上の時、発動率が上昇、効果時間が1秒延長。
  ―――――――――――――
  「ライオットチップ」の精錬値が2上がる度に追加で
  攻撃速度+1%。




 +7未満の状態では <魔力4>の下位互換となってしまいますが,
 +7以上の精錬値になると,一定確率で
 まるで ブラギに乗っているような状態 になることができます。



 今回はこの効果に注目し,威力を比較してみました。







■ 有効な使い道

160222_quick_skill.png

 ウォーロックの主力となる魔法のうち,
 ディレイと詠唱がゼロになることで 強力になるのは
 "ソウルエクスパンション" と "メテオストーム" の2つ。

 ストームガスト もディレイがないことで
 ばらまき続けることができますが,
 威力を強化する "アクアセット" が装備できないのと
 Hit数に限度があるため 秒間ダメージを強化することが難しいです。

 もちろん パーティーにブラギ役がいないことが大前提 だ。



 今回は "ソウルエクスパンション" のダメージを
 従来の装備と比較して考察します。





 メテオストーム はディレイがゼロじゃないと強くならないので,
 S-Quick 発動時が間違いなく最強 になります。

 そのため,こちらは比較データを集める必要がないと判断しました。





 ヘルインフェルノ は 元々ディレイがゼロで,
 詠唱も 標準装備で無詠唱に近づけることができるため,
 S-Quick の効果を活かせないです。

 チェーンライトニング や クリムゾンロックは,
 固定詠唱やクールタイムが残ってしまいます。


 




■ 比較する装備

160222_quick_eq.png

 秒間ダメージが最大になるように
 それぞれの装備の組み合わせを作って,
 ダメージを比較してみます。

 いずれも,自分が手に入る範囲の装備でチョイス。





 1.通常装備 (暴走魔力・S-Quick 未使用)
 
  暴走魔力 も S-Quick も使わない状態で
  最高火力になるように組んだ装備です。

  ディレイカット・詠唱速度・威力・ASPD
  バランスよく組み合わせる必要があります。





 2.暴走魔力

  主に,ディレイカット・ASPD・威力 の装備で固めます。

  発動時は無詠唱になりますが,
  発動しなかったときのことを考えると
  ある程度の詠唱速度もあったほうがいいかもしれません。

 
  暴走魔力は 発動中に 更に発動のカウントがされれば,
  そのまま発動時間が延長されます。

  ディレイカットとASPDで連打力を上げると
  常時発動を狙いやすくなります。





 3.S-Quick 特化装備

  S-Quick が発動したときに最高のダメージが出るように,
  威力・ASPD を中心とした装備の組み合わせにしました。

  その分,発動しなかったときのダメージは弱くなってしまいます。





 4.S-Quick 汎用装備

  S-Quick を装備しつつも,
  発動なしでも威力と回転が得られるように
  バランスのいい装備にしました。

  発動時のダメージは弱くなってしまいますが,
  発動しなかった場合でも安定したダメージを与えることができます。

  発動時に盾をASPD属性盾につけ替えれば
  ダメージを上げることが可能です。





 5.暴走魔力 + S-Quick

  両方が発動したときに最大ダメージが出るように調整。







■ 実比較と問題点

 
 実際のダメージを比較してみました。

160222_quick.png

 この表を見て そのままの数字で判断をしてはいけません。





 S-Quick 特化装備にすれば,
 暴走魔力に近しい威力を出すことができます。

 ただし,問題点があります。





 1.発動させることができるのか

  S-Quick の強い効果も
  発動をしなければ 他の装備の下位となってしまいます。
  


  発動を促すテクニックとして,
  "ファイアーウォール" を使う方法があります。

  "ファイアーウォール Lv10" をボスの足下に置くことで,
  1枚あたり 14発 の魔法Hitを与えることができます。

  ファイヤーウォール は3枚まで貼ることができるため,
  最大 42発 まで当てることができます。

  2% 以上の発動率なら8割くらい に,
  1% 以上の発動率なら4割くらいの発動率 となります。



  あくまで私の体感 ですが,
  発動率1%を上回れば実用的 であると思います。
  


  残念ながら私のほうでは 装備が入手できず,
  発動率の検証が不可能となってしまいましたが,
  他の方の検証によると,
  精錬値 +7 では 発動率 1% を下回る結果がでているようですね。

  (無断リンクは失礼かと存じますので,リンクは控えておきます。)



  精錬値 +8 以上での発動率に期待というところでしょうか。

  



 2.効果を延長し続けることはできるのか

  
  効果時間が3秒,精錬値を高くしても5秒のため,
  S-Quick の発動のみで セリーヌキミ を倒す場合は
  効果時間の延長が必要 となります。

  初回に発動をしたとして,
  効果を延長し続けることはできるのでしょうか。



  現時点では 効果発動が延長されることすら分かっていません。

  他の S-設計図では効果の延長が確認されていますが,
  S-Quick がそれと同様であるかはわかりません。


 
  さらに,上の図の理論値については
  魔法を撃ち続けた場合の威力数値 となります。

  再発動のために ファイアーウォール を使用 すれば
  その間は ダメージを与える時間のロス となります。

  ソウルエクスパンションは
  ディレイカットをしてかなりの連打をするため, 
  数秒のロスが大きなロスとなります。





 かといって,S-Quick なしでも火力を稼げるようにすると,
 発動した時のダメージが弱くなってしまいます


 装備のバランスが非常に難しいですね。







■ メテオストーム の通常時のディレイに注意


 メテオストームの場合,さらに問題が堅調になります。

 効果を発動させて メテオストームを連打する場合,
 ディレイ・詠唱がゼロの状態が終わったときに撃ってしまうと,
 長時間のスキルディレイが乗ってしまいます。

 ヒールスクロール でディレイを削った としても,
 その時点で 時間のロス になってしまいます。

 S-Quick でメテオストームで使う場合は,
 メテオストーム だけで効果延長ができることが
 大前提
となるでしょう。







■ 暴走魔力持ちの場合

160222_quick_kimi.png

 +9覚醒ローブ の <暴走した魔力> 持ちなら
 S-Quick の発動に賭ける価値はあるかもしれません。

 S-Quick の効果が発動しなかった場合でも
 暴走魔力の時点で大きな火力を出すことができるためです。
 

 ただし,覚醒ローブ と 時空ブーツ の
 両方で暴走魔力をつけられる場合は,
 発動率を高めるために2つ装備するほうが安定する と思います。



 靴で暴走魔力を使っている場合は
 S-Quick とどちらか一方を選ぶことになりますが,
 発動率や威力から考えても 暴走魔力のほうがいい と思います。

 SP問題は マグニフィカート さえあれば
 ソウルエクスパンションを連打するボス戦では大丈夫です。







■ 高精錬を作るジレンマ

160222_quick_price.png

 +8 や +9 ならもっと実用的な発動率になると仮定しても,
 有効なのは ソウルエクスパンション と メテオストーム のみ

 そのために 資金や時間を使うのは 得策とはいえない と思います。


 
 さらに,完成させたとして
 本当に実用的な発動率にかも不明といったところ。



 ロマンにあふれるが,
 作成自体がかなり博打な装備
であるといえますね。



 



■ こんな状況なら導入してもいいかも


 ・パーティーにブラギがいないことが多い

 ・S-Quick 発動すればラッキーという程度で,
  それに依存しない状態でも火力が得られる。

 ・ソロでの使用が多く,SP問題で暴走魔力を使いたくない。

 ・他の装備はパーフェクトに揃っているので,
  お金をかけるのがこれくらいしかない








■ まとめ


 ・ソウルエクスパンション と メテオストーム なら
  装備の組み合わせによっては
  暴走魔力に近いダメージをだすことができる


 ・ただし,現段階では,発動率や効果時間を考慮すると
  実用的ではあるかは微妙 なところ。

 ・+8 や +9 のような高精錬なら実用的になる可能性はあるが,
  有効な場所がかなり限定されてしまう

 ・暴走魔力のほうが 発動率が安定するので使いやすい







私は急いで作ることはなさそうです。
機会があれば実用性を検証してみたいですね。



関連記事


御覧いただきありがとうございます。記事が参考になったと感じられた方は,クリックしていただけると幸いです。

御覧いただきありがとうございます。
記事が参考になったと感じられた方は,
クリック していただけると幸いです。

Category - ウォーロック 装備考察

エクセリオンレッグ

0 Comments

Post a comment

いつもたくさんの暖かいコメントを ありがとうございます。

コメントをいただく際は お手数ではございますが
私が判別の出来る お名前様をご入力いただけると幸いです